【悲報】ユニクロ社長「日本は発展途上国になる」 楽天社長「日本は三流国になる」

スポンサーリンク

柳井正氏の怒り 「このままでは日本は滅びる」

スポンサーリンク
柳井 正氏 Yanai Tadashi
ファーストリテイリング会長兼社長
1971年ジャスコ(現・イオン)入社。72年、実家の小郡商事(現・ファーストリテイリング)に転じ84年から社長。2005年から現職。01年からソフトバンクグループ社外取締役。山口県出身、70歳。
スポンサーリンク

最悪ですから、日本は。

この30年間、世界は急速に成長しています。日本は世界の最先端の国から、もう中位の国になっています。ひょっとしたら、発展途上国になるんじゃないかと僕は思うんですよ。

国民の所得は伸びず、企業もまだ製造業が優先でしょう。IoTとかAI(人工知能)、ロボティクスが重要だと言っていても、本格的に取り組む企業はほとんどありません。あるとしても、僕らみたいな老人が引っ張るような会社ばかりでしょう。僕らはまだ創業者ですけど、サラリーマンがたらい回しで経営者を務める会社が多い。こんな状況で成長するわけがない。

スポンサーリンク

起業家の多くも上場して引退するから、僕は「日本の起業家は引退興行」と言っています。今、成長しているのは本当の起業家が経営している企業だけです。

結局、この30年間に1つも成長せずに、稼げる人が1人もいない、稼げる企業が1社もない。いや、1社はあるかもしれないですけど、国の大きさからいったらあまりにも少ないし、輸出に依存していてグローバルカンパニーにはなっていない。稼いでいる人がいなかったら家計は成り立たないでしょう。30年間、負け続けているのにそのことに気付いていません。

柳井会長はインタビューの冒頭から、怒りをみなぎらせた表情で日本の現状を語った。そして話は政治改革に向かっていった。

スポンサーリンク

日本出身ということは必要で、日本のDNAはすごく必要だけど、強みが弱みになっています。例えば、みんなと一緒にやるという強みが弱みになってしまっている。たとえば忖度(そんたく)で公文書を偽造するのは犯罪で、官僚なら捕まって当然でしょう。

民度がすごく劣化した。それにもかかわらず、本屋では「日本が最高だ」という本ばかりで、僕はいつも気分が悪くなる。「日本は最高だった」なら分かるけど、どこが今、最高なのでしょうか。

スポンサーリンク

新聞のスポーツ欄を見たらよく分かります。日本選手が3位や4位になったという記事ばかりで、1位は結局、誰かが書いてない。オリンピックなどにたきつけたお祭り騒ぎで、ローマ帝国の「パンとサーカス」と一緒ですよ。国民がそうした生活に明け暮れ、気が付いたらパンが全部なくなり、サーカスをする費用もなくなっていくということです。

いわゆる「ゆでガエル現象」というものが全部でき上がってしまった。私はそんな日本についてあきれ果てているけれど、絶望はできない。この国がつぶれたら、企業も個人も将来はないのですから。だからこそ大改革する以外に道はないんですよ。

スポンサーリンク

まずは国の歳出を半分にして、公務員などの人員数も半分にする。それを2年間で実行するぐらいの荒療治をしないと。今の延長線上では、この国は滅びます。邱永漢さんも亡くなる前に「日本は政治家と生活保護の人だけになる」と言っていました。でも滅びると思っている人がほとんどいません。

参議院も衆議院も機能していないので、一院制にした方がいい。もっと言えば、国会議員もあんなに必要ないでしょう。町会議員とか村会議員もそう。選挙制度から何から全部改革しないと、とんでもない国になります。

スポンサーリンク

僕は2012年に『現実を視よ』という書籍を覚悟して書きました。こんな本を書いていいかどうか、経営者としていろいろなことを言われるんじゃないかなと思いましたが、今はその通り以上の没落ぶりです。

第2次世界大戦後の日本人を思ってください。もうすごいハングリーで、海外に勉強に行っても、留学生で1番成績が良いのがだいたい日本人でした。だから、頑張るときには頑張るんですよ。今は頑張りどきだということをもっと言わないといけない。

スポンサーリンク

憲法より日米地位協定改正を
経営者が政治や政権に厳しい意見を言わなくなって久しい。しかし柳井会長は、安倍政権への批判を臆することなく展開する。

僕は自民党のファンですが、今の自民党議員は本当に情けない。誰も安倍晋三首相に文句を言う人がいませんよね。安倍さんを本当に大総裁にしようと思ったら、文句を言う人がいないとだめでしょう。みんなが賛成というのはだめな現象ですよ。

スポンサーリンク

みんなが安倍政権の経済政策「アベノミクス」は成功したと思っていますが、成功したというのは株価だけでしょう。株価というのは、国の金を費やせばどうにでもなるんですよ。それ以外に成功したものがどこにあるんでしょうか。数字が示しているでしょう。成長していない。GDP(国内総生産)は増えてないんです。

それと今、憲法改正よりも米国の属国にならないことの方が重要ではないかと思います。日米地位協定の改正の方が、将来よほど必要ではないでしょうか。完全に米軍の指揮下になっています。

スポンサーリンク

自立的に考えず、米国の陰で生きているのに、みんな自立的だと思っている。日米は対等の同盟国と言いますが対等ではありません。トランプ米大統領が勝手なことを言い、それに追従している。こんなのはあり得ません。

韓国にみんながけんか腰なのも異常ですよね。韓国の人が反日なのは分かりますよ。でも日本人は本来、冷静だったのが全部ヒステリー現象に変わっている。これではやっぱり日本人も劣化したと思います。

スポンサーリンク

今から成長するのは東南アジアやインドなんですよ。ここは中国抜きでは絶対に成長できない。何でできないかといったら、東南アジアの経済では華僑が不可欠だからです。インドのビジネスもインド人抜きにはできませんよね。日本人、日本企業がグローバル化しない限りそこで勝つのは難しい。

柳井会長は日本企業の真のグローバル化には世界の優秀な人材獲得が不可欠と説く。その点についても、旧態依然とした慣習が残る日本企業に警鐘を鳴らす。

スポンサーリンク

人材獲得では、最近まで新入社員の一斉採用みたいなことがあったこと自体がおかしい。あんなことやっているのは日本だけですよ。

やはり世界中から人材を採っていかなければなりません。今は企業が世界中で人材獲得の競争をしている中で、日本だけ遅れていいのでしょうか。もう日本人だけではどうしようもない。

今の政策では、単純労働の人ばかり採用しようとしていますが、もっと先端技術を持つ頭脳労働の人を採らないといけません。ここでもまた日本人だけでやろうとしている。

スポンサーリンク

技術についてはもう完璧に2周遅れ。でも自分たちは先行争いをしていると思っているでしょう。世界の現実を知りません。経営者自身が勉強してないことと、海外に行ってないからです。

経営者は自分の会社をグローバル化しているつもりになっていますが、事業部長を送っているだけで経営者自身はノータッチ。自分の金で、自分がリスクを負ってやらない限り、うまくいかないでしょう。

優秀な外国人を採用するためには、人事や報酬の制度を抜本的に変えないといけない。日本企業の報酬に比べると、中国や欧州の企業はだいたい2~3倍、米国企業だと10倍くらい高い水準です。

スポンサーリンク

年功序列・終身雇用が形骸化
日本企業は同業の会社と横並びで比較して、報酬などを決めていますよね。ここでも同調圧力がすごく強い。それでいい人に来てほしいと思っても、よほど日本文化が好きな人以外は無理でしょう。

年功序列や終身雇用も形骸化しています。僕は年功序列とか、終身雇用というのは本当はすごくいい制度だと思う。でもそれは会社が成長して初めて可能になる。結果としての年功序列や終身雇用ならばいいと思いますが、形式になってしまっています。

スポンサーリンク

世界中から人材が来たら、年功序列や終身雇用は崩壊します。例えば、本当にAIやロボティクスに力を入れるならシリコンバレーやインド、中国のすごく優秀な人を連れてきて、一緒に仕事をしなければいけない。その時に年功序列は関係ありません。本当に一緒に仕事をしようと思ったら、透明性のある公明正大な制度が必要です。

あと世界の人材と一緒に仕事をしようと思ったら、僕は「真善美」と言っていますが、人間の基本的価値観みたいなものを持つことです。いい人間のところにはいい人が来る。いい会社にはいい人が来るので、その中にやっぱり入っていかないといけないんじゃないかなと思います。今はまだ鎖国みたいな感じなのに、また鎖国だとも思っていません。

スポンサーリンク

訪日観光客が増えているから勘違いしているのではないでしょうか。グローバル化というのは外国人と一緒に仕事をするということです。一緒に仕事ができるような体制をつくらないといけないんじゃないですか。

だからキャリアアップも10年単位で考えるのではなく、僕は3年単位で考えろと言っています。優秀な人間だったら3年後には執行役員にする。新卒でもそれぐらいの制度にしないと外に出ていきますよ。

柳井正氏の怒り 「このままでは日本は滅びる」
日本の再成長への一手を考える「目覚めるニッポン」。今回は柳井正ファーストリテイリング会長兼社長。政治的な発言を控える経営者が増えるなか、柳井氏はあえて直言をやめない。怒りともいえる危機感を示し、企業経営から政治まで大改革の必要性を説く。
スポンサーリンク

楽天三木谷オーナー近大卒業式で「世界を見て」

スポンサーリンク

楽天の三木谷浩史オーナー(56)が20日、大阪・東大阪市で行われた近畿大学卒業式のシークレットゲストとして、卒業生に動画メッセージを送った。

「体育特別賞」を受賞した阪神ドラフト1位、佐藤輝明内野手(22)の卒業メッセージの後に登場。

スポンサーリンク

「このまま放っておくと、日本は一流国どころか三流国に成り下がっていく。江戸時代のように、また置いていかれる時代に突入するのではないか。非常に内向き、ぬるま湯で満足して、徐々に縮小してしまう。世界に目を向ける、世界標準で考えること。ぜひ世界を見てほしいと思います。これから5年後、10年後の変化は、我々が経験したことないスピードで変化が起こる。すべてガラガラポン、の時代が来る。大変な時代が来たなと思うか、明治維新の時のように、ワクワクするか。挑戦心、開拓心を持って。大志を持って、やっていただきたい」などと語りかけた。

スポンサーリンク

各界で個性を放つ人物を招く近大卒業式のゲストスピーカーは、人選、内容ともに注目を集める。

近年は、堀江貴文(実業家)又吉直樹(ピース)西野亮廣(キングコング)らを招いた。

楽天三木谷オーナー近大卒業式で「世界を見て」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
楽天の三木谷浩史オーナー(56)が20日、大阪・東大阪市で行われた近畿大学卒業式のシークレットゲストとして、卒業生に動画メッセージを送った。「体育特別賞」を受… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ユニクロ柳井社長が愛する中国こそ先進国だよな😂😂😂

コメント