電車の座席に座りたい妊娠中の女性と席を譲りたい乗客との間でLINEを使ってやり取りしてもらう実証実験

妊婦にLINEで座席譲る実験

電車の座席に座りたい妊娠中の女性と席を譲りたい乗客との間で、無料通信アプリ・LINEを使ってやり取りしてもらうユニークな実証実験が、東京メトロ銀座線で来月行われることになりました。

実証実験を行うのは、東京メトロと大日本印刷、それに通信アプリ大手のLINEです。
これら3社は、電車の座席に座りたい妊娠中の女性と、席を譲りたい乗客とを直接つなごうと、LINEの専用アカウントを設け、協力する乗客の「サポーター」を募ります。
車内で妊娠中の女性が「座りたい」というメッセージを送るとサポーターに届く仕組みで、サポーターが同じ車内にいれば、座席の位置を返信して席を譲ることができます。
実証実験は、来月11日から5日間、東京メトロ銀座線の上野から表参道までと渋谷から上野までの間を、午前10時すぎから午後4時ごろにかけて走るあわせて8本の電車の最後尾の車両で行われます。
東京メトロなどは、協力するサポーターを募集し専用アカウントへの登録を呼びかけていて、実証実験の結果を踏まえて今後の対応を検討することにしています。

エラー|NHKオンライン

こんなことしないと妊婦さんが席に座れないなんて情けないよね(;´Д`)

コメント