二宮和也さん、お泊まりエピソード明かす。 「普通の一般人だけど、不思議な縁だよな」

嵐 二宮和也、ゲームで“繋がった”友人とのお泊まりエピソード明かす 「普通の一般人だけど、不思議な縁だよな……」

嵐の二宮和也が4月15日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)で、ゲームにまつわる“お泊まりエピソード”などついて熱く語っていた。

番組冒頭では、「私は最近、自分の好きな言葉や救われた一言を書くようにしました。(中略)二宮くんは好きな言葉はありますか?」というメールを読み上げた二宮が「なんだろう『貯蓄』かな? 大切だよね、安定した老後を過ごすために」と自身の老後に思いを馳せる。二宮は「ゲームを毎日やり続けるおじいちゃんになりたい」と明かした。

彼は続けて「ゲームをやり続けるおじいちゃんってあんまりいないよね。1日1本やりたい。でも、自分が子供の頃ってボタン2つだったのに、どんどん難易度が上がって、『パズドラ』に関してはボタンがないんだからね。小さい頃の俺に言ったって信じないよ」と、自身のはまり続けているアプリゲーム『パズル&ドラゴンズ』(パズドラ)の話題へ力技で方向転換させた。

番組中盤では、神がかり的な出来事を紹介する「神が来た!」のコーナーへ。二宮はリスナーから届いた「共通の友人の知り合いとの出会いです。二宮くんが好きと話が盛り上がったのですが、驚いたことに誕生日が一緒だったんです。急速に仲良くなり、今では一緒にコンサートへ行くほどに。出会わせてくれた二宮さんに感謝です」というメールを読み上げ、「いいですよね、同じ趣味があるとか、誕生日が共通とかだと。仕事とか現場とか学校とか、誕生日が同じだってだけで興味ない人間とも10分ぐらいだったらしゃべれますもんね」と、急速に仲良くなったエピソードをネタに、人との距離を縮める方法に。

二宮は、自身が趣味で人との距離を縮めたエピソードとして、「俺もゲームで知り合った友達……普通の一般人だけど、最初は『パズドラ』だったもん。不思議な縁だよな。同い年でずっと横浜に居たけど、去年『田舎帰る』って岩手に帰って」と、同学年の友達がゲームを通じてできたものの、距離が遠くなってしまったことを告白した。

しかし、そんな友人から先日連絡があったらしく、二宮は「『4月か3月のケツに東京来るんで、泊まらせてくれ』って言ってたから『どうぞ』って」と、その友人を気兼ねなく自宅に泊めることができる関係性であることを明かした。

また、番組後半では、リスナーからの「環境が変わった時、やると落ち着くことはありますか? ゲーム以外で」というメールに対し、「ホントにねえ、みんな勘違いしてるんだけど、趣味の1つがゲームだと思ってる人多いんですよ。趣味じゃなくて生活ですよ。お風呂とかご飯食べるのとまったく同じだから」と、プロゲーマー顔負けのゲームに向かい合う姿勢をみせる一幕もあった。

多忙を極める二宮の心の支えになっている『パズドラ』は、ここまで私生活に影響を与えているのかと、より驚かされた今回。一人でストイックにゲームへ向かい合うイメージの強い二宮だが、今後の放送で、さらなる友人とのゲームトークが披露されることはあるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190416-00010004-realsound-ent

sakamobi
sakamobi

趣味でつながると相手の地位や職業関係ないからな😊😊😊

コメント