心療内科医が提言「認知症になりたくなければ、ラーメンをやめなさい」

スポンサーリンク

心療内科医が提言「認知症になりたくなければ、ラーメンをやめなさい」

スポンサーリンク

新型コロナの影響で続く自粛生活。ここまで長くなってくると、次第にラーメンをはじめとした外食の味が恋しくなってくる。デリバリーやテイクアウトで楽しむ人も多いのでは。

ダマされるな! 飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも…?

しかしそのちょっとした食習慣が、あなたの脳を蝕んでいるとしたら――9月に新刊『認知症になりたくなければラーメンをやめなさい』を発売予定の心療内科医・姫野友美氏に、意外な「脳が老化する習慣」を教えてもらった。

スポンサーリンク

認知症リスクは40代から始まっている
「65歳の7人に1人が認知症を発症している」という事実をご存じだろうか。誰しも、年齢を重ねても寝たきりや認知症にならずに、見た目も頭(脳)も若さを保って元気なままでいたいと思うもの。しかし高齢になるほど、元気な人とそうでない人に違いがでてくる。これは生活習慣の差によるものが大きく関係してくる。

じつはこの認知症、脳の萎縮は20年前から始まっていると言われている。65歳で認知症になる人はその20年前、45歳から始まっているのである。つまり40歳を過ぎたら、生活習慣を見直さなければ認知症まっしぐらなのだ。

スポンサーリンク

いくつになっても、体と脳と心を整えておくこと、その方法を知っているかどうか、実践できているかどうかが、この先「人生100年時代」を楽しく過ごすための命運を左右するといっても過言ではない。

脳の老化をできるだけ避けるには、なにも珍しい食材を取り寄せたり、特別な運動をしたりする必要はない。毎日の生活でついやっていた「よくない習慣」を変えていけばよいのだ。今日からでも変えられる、ついやりがちな認知症リスクのある習慣の中からいくつかを紹介しよう。

スポンサーリンク

認知症は食事からやってくる
新刊『認知症になりたくなければラーメンをやめなさい』のタイトルにも入っている、ラーメンは、なぜやめたほうがいいのか?
「塩分が多いから!」と思った方、残念ながらはずれである。確かに塩分の摂り過ぎは高血圧を招いて、脳血管疾患から認知症というリスクにつながっているが、たとえ塩辛いスープを残したとしても、ラーメンを食べ続ければ認知症のリスクは消えてくれない。

これはラーメンだけではない。うどん、パスタ、パン、カレーライス、天丼など、働き盛りが毎日食べていそうな糖質多めの食事はどれも当てはまる。

スポンサーリンク

麺類、パン、米飯などの糖質に偏った食事、加工食品の中にこっそり入っている油や糖質、添加物、そして身の回りにある環境汚染物質など、脳の老化を促進する物質は私たちの周囲に満ち溢れている。

これらの物質が知らず知らずのうちに私たちの体をむしばみ、病気のきっかけを作り悪化させていくのだ。病気のきっかけを作るのも、知らずに悪化させるのも、自分の食べ方で決まっていたのである。

糖質を食べ過ぎないことは、認知症防止の大切な一歩である。ほかにも体を酸化から守る栄養素を意識して食べる、脳や臓器の大切な機能を邪魔する有害物質を入れずできるだけ体内から出す、など食事に関する脳の老化の影響は大きい。

スポンサーリンク

睡眠不足で脳がボケる
睡眠の重要な働きのひとつが、日中働いた脳細胞のゴミを処理するクリーニング機能である。熟睡したあとに目覚めるとスッキリした気分になるのは、まさにこのクリーニングがされているからで、睡眠中は脳細胞の間がわずかに拡張して、覚醒中に処理できなかった老廃物の排出をスムーズに行うようにしている。

スポンサーリンク

認知症のひとつであるアルツハイマー型認知症は、脳内にアミロイドβなどのたんぱく質がたまり、脳の神経伝達物質量が低下するなど脳の機能が低下する病気である。睡眠不足で老廃物がたまれば、このアミロイドβも脳細胞内に蓄積しやすくなり、睡眠不足は認知症を招く原因にもなりかねない。

骨折でも盲腸でも、入院中はベッドで安静に過ごす。つまり睡眠はいちばんの回復方法で、しかもお金もかからない健康法といえる。

スポンサーリンク

朝の歯磨きが脳の機能低下予防に
歯磨きは虫歯予防だけでなく、歯周病から体を守るための重要な習慣である。口腔内で歯周病菌が増殖しているため、朝起きたらまずは歯磨きをしないと、歯周病菌を多く飲み込むことになる。

歯周病菌は口の中だけで悪さをするのではなく、飲み込むと食道→胃→腸へと落ちていき、腸に炎症を起こして腸内環境を悪くし、腸粘膜のバリア機能を弱らせ、毒素や病原菌の侵入を容易にしてしまう。腸は全身の免疫細胞の約7割が集中している、いわば免疫の中枢であるため、歯周病菌によって腸粘膜のバリア機能が低下すれば、当然免疫力の低下に直結して病気のリスクまで上がる。

スポンサーリンク

また、歯磨きには脳を活性化する働きもある。歯を磨く動作によりオレキシンという覚醒ホルモンを刺激されるため、目が覚める。

歯周病菌を抑えることと、覚醒ホルモンの刺激の両面から、脳の機能低下予防にも役立つのが朝の歯磨きである。

スポンサーリンク

つい頼りがちな「AI機能」で脳が退化
テクノロジーの進化で、最近はリモコンのボタンや壁のスイッチを押さなくても、機械に話しかけるだけで動いてくれるAI搭載の家電が登場している。しかし自分の頭で考えて体を動かすという一連の動作を省略し過ぎるのは、いかがなものだろうか。

リモコンを取るために「よっこらせ」と立ち上がる動作だけでも、ももの筋肉を動かすことになる。なんでも座ったままで済ますのではなく、リモコンだってうまく使えば日常動作から老化予防、ひいては認知症予防になっていく。

スポンサーリンク

「電気を消して!」と家電に頼まないで自分で動く、まずはそこから変えてみよう。

また、「○○の番組、予約しておいて」と家族まかせにせず、操作方法を覚えて指を動かすことも、充分脳への刺激になる。最近のレコーダー機器は多機能になっている分、リモコンのボタンの数も多くなっているため複雑である。便利な道具は使い方次第で、脳のトレーニングにつながっていく。

スポンサーリンク

リタイア後にありがちな「孤独」の日常
これまでは大きな病気もなく、体も元気で頭もクリアだった人でさえ、孤独というストレスを抱えるだけで簡単に認知症のリスクが高まってしまう。

とくに女性より男性のほうが孤立しやすく、ストレスが心身の負荷となり、細胞の老化を進めて寿命を縮める引き金にもなる。

これからの時代、会社というつながりがなくなったあとの人生も長いため、積極的に社会参加をして、趣味の集まりやボランティア、働く場などを作って何らかの役割を持つようにしたい。

スポンサーリンク

男性ならマンションの理事会の監査役など、存在意義を確認できる役割が最適。女性は社会参加には積極的だが、足が悪くなるなど身体機能が落ちると外出の機会が減っていく。定期的に親族が訪ねる日時を決める、友人を招いておしゃべりをするなどもよいだろう。

脳にいいものは全身にいい
5つの認知症予防をご紹介したが、どれも今日からすぐに実践できるものばかりである。

医療が発達し健康意識も高くなった現代では、ただ長生きするのではなく、いかに健康で元気に過ごしていけるかに重点が置かれるようになった。

だからこそ、年齢を重ねるほどに「認知症になりたくない」「寝たきりは避けたい」という気持ちが切実味を増してくる。

スポンサーリンク

そして実は、認知症にならないように食べ方などを変えることは、脳だけでなく心や腸内環境、免疫力アップなど全身の健康増進に密接に関係している。自分が取り組みやすいものから始めれば大丈夫なので、あれもこれも変えようとせず、続けやすいものからぜひ自分スタイルの習慣にしていただきたい。

始めるのは早ければ早いほどよいのである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6edb834d7865c8a1a77094c6e4f87f3055f3de7c

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

認知症の原因は過剰長寿だぞ
過剰長寿予防にはラーメンが一番😁😁😁

コメント