死刑執行されたオウムのメンバー「どんな悪人であろうが生きて償うことの方が慈愛に満ちた選択ではないのか?」

死刑執行されたオウムのメンバー「どんな悪人であろうが生きて償うことの方が慈愛に満ちた選択ではないのか?」

オウム真理教による一連の事件に関与し、今月6日に死刑が執行された早川紀代秀元死刑囚(68)と新実智光元死刑囚(54)が、事件への反省と謝罪を手記で書き残していたことが明らかになった。市民団体「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が25日付の会報で公表した。死刑制度への疑問も表明するなど、揺れる胸中をうかがわせている。

早川元死刑囚は6月7日付の手記で、死刑制度について「国民が殺生のカルマ(業)を負うので、やめるべきと思います」と指摘。実行役の一人が無期懲役となった地下鉄サリン事件を念頭に「自分では一人も殺していない者が死刑で、自分で二人も殺している者が無期というのは、どうみても公正な裁判とは言えません」と判決に疑問を呈した。

一方で事件そのものについては「申し訳なさは、事件発覚から23年たった今も薄れることはありません。真理のため、救済のためと思って戦い、テロを実行して得られたものは苦しみと悲しみでした」と振り返った。

新実元死刑囚は、5月以降に法務省に出したとみられる恩赦関連書類を市民団体にも送付していた。書類で事件について「私たちの徳が無かった、霊性と知性が足りなかったのでしょう。深く反省しています」と記載。死刑については「どんな悪人であろうが、生きて償うことの方が、慈愛に満ちた行為の選択」「私は自分の命を大切にし、他者の命を大切にすることを誓願します」などと執行への疑問をつづった。市民団体には「自分に万一のことがあれば(記載内容を)公表してほしい」と伝えていたという。

オウム真理教:早川・新実元死刑囚 手記で謝罪と反省 死刑制度に疑問も 市民団体公表 - 毎日新聞
 オウム真理教による一連の事件に関与し、今月6日に死刑が執行された早川紀代秀元死刑囚(68)と新実智光元死刑囚(54)が、事件への反省と謝罪を手記で書き残していたことが明らかになった。市民団体「死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90」が25日付の会報で公表した。死刑制度への疑問も表明するなど、

 

>死刑制度について「国民が殺生のカルマ(業)を負うので、やめるべきと思います」と指摘。

まったく反省してなかったのがよく分かるな(#・∀・)

コメント