【朗報】NGT48暴行事件、新潟県知事「NGT48は何も変わってない」スポンサー契約を保留!

「評価変わっていない」 NGT48暴行事件 契約更新保留のまま 新潟県知事

新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」が2チーム制を解消することについて、花角英世新潟県知事は17日の定例会見で「(NGT48への)評価はまだ変わっていない」とし、同グループとの広告契約の更新保留を続ける考えを示した。メンバーの山口真帆さん(23)が暴行被害に遭った事件をめぐり県は「事態は収束していない」として、今秋に県内で開催される「国民文化祭」のスペシャルサポーターを務めていた同グループとの契約について平成31年度の更新を保留していた。

NGT48は今月11日、現在の2チーム制を廃止し、両チームの千秋楽公演(最終公演)をNGT48劇場(新潟市中央区)で21日に行うと発表。運営会社「AKS」(東京都)は「再スタートを切りたい」としていたが、花角知事はこの日の会見で同グループへの評価を聞かれ「まだ変わっていない。判断を保留し、様子をみたい」と答えた。

同社によると、NGT48は現在、チームNIII10人とチームG11人、研究生20人からなる。千秋楽公演後、両チームが統合し「1期生」として活動する。千秋楽公演はチームNIIIが21日午後0時半、チームGは同日午後5時半開演。事件発覚以来、チームとしての公演は最初で最後となる。

暴行事件が起きたのは、昨年12月8日午後9時ごろ。山口さんの自宅マンションの玄関先で、山口さんの顔を手でつかんで押したなどとして、新潟市内に住む無職と大学生の男性2人が暴行容疑で逮捕された。2人は容疑を否認。釈放され、不起訴処分になった。今年1月9日朝、山口さんが自身のツイッターで事件に巻き込まれたことを告白していた。

AKSは2月、原因究明を行うために第三者委員会を設置。3月には同社幹部が新潟市内で記者会見を開いて調査結果を報告したが、山口さんが会見中にツイッターで異議を唱えるなどし紛糾した。

これを受け、新潟県が広告契約の継続を保留。新潟市やJR東日本も後に続いた。テレビやラジオのレギュラー放送もなくなっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000519-san-soci

sakamobi
sakamobi

これは当然。なにも解決してないのに再スタートとか意味不明😡😡😡

コメント