sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

つるの剛士、「日本死ね」流行語に違和感 → 批判を受け謝罪

   

つるの剛士「保育園落ちた日本死ね」流行語に違和感…批判に謝罪

「保育園落ちた日本死ね」が2016ユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選ばれたことへの違和感をツイートしたことが大反響を呼んだ俳優のつるの剛士が3日、批判の声に「『綺麗な言葉を使おうね』なんて一言も言ってないです。そもそも僕も言葉使い良い方ではないですし。。ただ、死ねが流行語?? と。そんな声に国会議員が満面の笑みで登壇に違和感を覚えたというイチ視聴者の感想ツイートでした。。すいませんでした」と謝罪した。

プライベートでは5人の子供の父親であり、イクメンとして知られるつるの。2日に「『保育園落ちた日本死ね』が流行語。。しかもこんな汚い言葉に国会議員が満面の笑みで登壇、授与って。なんだか日本人としても親としても僕はとても悲しい気持ちになりました。きっともっと選ばれるべき言葉や、神ってる流行あったよね。。皆さんは如何ですか?」と問いかけると、3日午前11時時点で6万3,773件のリツイート、6万1,591件のいいねが付くなど大反響を呼び、賛否の議論が活発に交わされるようになった。

つるのに賛同する意見も多いが批判の声もあり、それに対して3日、自身の意図を明確にして「イチ視聴者の感想ツイートでした。。すいませんでした」と謝罪したつるの。Twitterユーザーからは「謝る必要はない」「つるのさんのツイートは誰も傷つけてないですよ」「これからも発信し続けて下さい」とつるのをサポートするコメントが多数寄せられている。

2016ユーキャン新語・流行語大賞は1日に発表された。「保育園落ちた日本死ね」のトップテン選出の理由については「2016年2月15日、匿名で日記を書き込めるネットサービスに『保育園落ちた日本死ね!!!』と題された文章が書き込まれた。育児中の母親と見られる人物が訴える内容だった。衆院予算委員会で山尾志桜里議員がこれをとり上げ、安倍晋三首相を追及。書き込みに賛同する有志が国会前で抗議行動を起こした」と説明され、山尾衆議院議員が表彰盾を受け取った。

http://news.livedoor.com/article/detail/12366775/

「謝らなかったらお前に仕事やらんぞ!」と芸能界のお偉い在日から圧力でもあったんだろうな…(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット, 政治, 芸能