【動画あり】英語全く話せないのに通訳無しでインタビューに答えるこの日本人のメンタル

英語を話せない日本人ビリヤード選手のインタビューがおもしろすぎると海外で話題

2017年2月17日から19日に渡ってイベリア半島のジブラルタルで行われたビリヤードの大会「ワールドプールマスターズ」。現在、同大会に出場した日本人選手がおもしろすぎると海外で話題だ。

なんでも勝利インタビューが爆笑モノ。英語を話せないにもかかわらず、陽気なパフォーマンスで乗り切ったのだという。はたしてどんなインタビューだったのか。その詳細は次の通りだ!

・英語を話せない大井選手のインタビュー
話題になっているのは大井直幸選手。1983年1月10日生まれの34歳で通称「ショット・ガン」。日本ランキング1位になったこともあるほどの腕前で、同大会ではベスト8に残った。そんな彼が会場を爆笑の渦に巻き込んだのは、準々決勝進出を決めた試合後のインタビューのことである。

・PPAPを披露
英語を話せないことで、ダンマリのままインタビューを終わらせる訳にはいかないと思ったからだろうか。な、なんと大井選手は英語の質問を右から左へ受け流しつつ、ピコ太郎の『PPAP』を披露! 独特な「大井節」も炸裂させ、会場を盛り上げたのだ!!

このインタビューは、すぐさま海外メディアに取り上げられると瞬く間に拡散。実際に聞いた海外のネットユーザーたちはヒイヒイ大爆笑し、様々な投稿が集まる海外サイト『Reddit』でも話題になっている。

・結果オーライ
海外で活躍するアスリートも大変だと思わずにいられないが、彼のインタビューは勝てて嬉しいことが伝わってくるため、見事な機転を利かせたと言っていいだろう。結果的に皆がハッピー。英語が話せないことを逆手にとった素晴らしいインタビューだ。

英語を話せない日本人ビリヤード選手のインタビューがおもしろすぎると海外で話題
2017年2月17日から19日に渡ってイベリア半島のジブラルタルで行われたビリヤードの大会「ワールドプールマスターズ」。現在、同大会に出場した日本人選手がおもしろすぎ …

 

こういうメンタルすごく羨ましい(*´艸`)

コメント