訪日アメリカ人「なんで日本人は英語ができないんだよ(怒)」

訪日外国人とはいったい何語で話すべきなのか

英語は単なる一言語?それとも国際共通語?

この夏、アメリカ人の友人ジョンと10年ぶりに再会しました。長めの夏休みが取れたらしく、「日本に来る」と連絡をもらってからここ数カ月ずっと楽しみにしていました。ところが、再会後1時間もしないうちに言い争いになって、険悪ムードに……。きっかけは、ジョンが「Why can’t Japanese people speak English?(なんで日本人は英語ができないんだよ)」と、旅行中の愚痴をこぼし始めたこと。

年々日本を訪れる外国人が増えていますが、私たちが彼らに英語で話すべきなのでしょうか。それとも、彼らが日本語を話すべきなのでしょうか。どちらにも理があるように感じますが、今回は国際共通語としての英語ということについて少し考えてみたいと思います。

日本に来たんだから、日本語で話してよ
筆者は英会話教師をしていますので、「日本に来た外国人と英語でどんどん話しましょう」とふだん生徒たちには話しています。そのくせ、ジョンが「日本人は英語ができない」と文句を言いはじめたら、妙に腹が立って「Well, why don’t you speak Japanese then, since you’re in Japan? (だったら、日本語で話せば? 日本に来たんだし)」と、ムキになって言い返してしまいました。筆者もアメリカに行ったら英語を話すのだから、ジョンだって日本に来たんだから日本語で話してよ!とまるで小学生のけんかみたいに(笑)

筆者のへりくつは置いておいても、やはり訪問した国の言葉を話すべきという意見にも一理あると思います。もちろん、完璧にその言語を使いこなさなければいけないということではなく、ガイドブックを見ながらでもいいので、せめて現地の言葉でコミュニケーションをとろうとチャレンジする姿勢はあってもいいのではと思うのです。

そうは言いながらも、筆者が非英語圏の国に旅行に行ったときのことを思い返してみると、確かに簡単なあいさつや決まり文句などを現地の言語で覚えて言うようにはしていましたが、基本は英語でコミュニケーションがとれるものだと思っていたところがありました。ジョンに腹を立てた自分も、同じような誤解を与えていたかもしれませんね。まあ、強いて自己弁護させていただければ、英語が通じないときにも文句は言いませんでしたけれどね。

考えてみると、やはり英語は単なる一言語という存在を越えて、国際共通語として使用されているということなのでしょう。どの言語を話す人ともコミュニケーションがとれるように英語を使用するというのが、ある意味暗黙の了解になっているのかもしれませんね。

なぜ英語が国際共通語になったのかについては、19世紀のイギリスの植民地拡大や20世紀に入ってからのアメリカ合衆国の台頭などがその原因であると言われます。たまたまどちらも英語圏の国だったというのが、英語が広がった一因なのだとか。

また言語的にも、英語がさまざまなヨーロッパ言語が融合してできあがった経緯があったり、ヨーロッパ言語の中では比較的文法がシンプルであったりすることも、その要因であると指摘する人もいます。まったく異なる日本語を話すわれわれにしてみると、十分に複雑な言語だと思ってしまいますけれどね。単数形・複数形とか、冠詞とか本当に厄介です。

だとすると、ジョンが愚痴をこぼしていたのは「その『国際共通語』が通じない」という意味であって、別に「みんなが自分たちの言葉を話すべきだ」と考えての発言ではなかったのでしょう。でも、国際共通語が英語だとすると、英語圏の人たちにとっては、とても有利な世界になっているということですよね。例えば日本人が世界で活躍しようと思ったら、自分の専門分野の勉強以外に、英語の勉強もしないといけないわけです。でも、その分の時間は英語圏の人たちには不要なわけで、それってなんだか不公平ですよね。

不公平な英語格差
国際共通語として英語を使用するときには、英語のネイティブスピーカーをトップに、非ネイティブの英語ができる人が続いて、英語があまりできない人、まったくできない人というヒエラルキーが出来上がってしまっています。ある意味では、英語ができない人ほど不利な立場にあるということです。これをEnglish Divide(英語格差)と、英語では言います。

こういった格差がすでに存在していることはどうしようもないことで、すぐさま是正することは難しそうです。20世紀初頭にエスペラントという人工語が、国際共通語として開発されました。これこそ、すべての人にフェアな共通語だったのだと思いますが、なかなか定着せずに実質的には英語が国際共通語として使用されているのが現状です。

いまはこの現状を受け止めつつ、われわれ非ネイティブは海外の人々とコミュニケーションがとれるように、英語の学習やトレーニングに励むしかないのでしょう。また、ネイティブの方たちは「相手に自分たちの言語を話してもらっている」という多少のうしろめたさというか、感謝の気持ちのようなものは持ち、有利な立場にある分、言語に関しては謙虚な姿勢や寛容さを持って相手に接してもらいたいところです。

皆さんは、World Englishes(世界の英語たち)という表現を聞いたことがありますか。これはネイティブスピーカーの英語だけでなく、世界にはさまざまな国のなまりを伴った英語が存在するというところから生まれた表現です。

文部科学省のデータによると、英語を第1言語(母国語)として使用する人は世界に4億人ほど存在し、英語の使用人口は5億人、公用語・準公用語とする国の人口は21億人のようです。使用人口にどのような人が含まれているのかはわかりませんが、非ネイティブの英語使用者のほうが、ネイティブスピーカーよりも数が多いというのは間違いがなさそうですね。

つまり、国際共通語として英語を身につけたいのであれば、ネイティブのような英語を話す必要はなく、基本的には非ネイティブの人たちとコミュニケーションがとれるような「英語」をマスターすればいいということです。ネイティブでないとわからないような表現は使わずに、非ネイティブ同士でわかりやすい「英語」を目指していくのがベストでしょう。

ただ、こういう議論になるとネイティブのような英語を目指して学ぶことが「悪」のように言われることがありますが、英語が好きでネイティブみたいになりたいという人がそれを目指していくことはすばらしいと筆者は思います。それは学習者、個人個人が決めればいいでしょう。

この視点から言うと、ネイティブスピーカー側からの歩み寄りもとても大切だと思います。非ネイティブと話すときにはできるだけ平易な表現を用いて、相手にわかりやすく話すことを心がけてほしいですね。つまりネイティブはネイティブで、「国際共通語の英語」を身につける必要があるということだと思います。

基準はどこに?
でも、単なる一言語である「ネイティブの英語」と「国際共通語の英語」の境目はいったいどこにあるのでしょうか。われわれがネイティブと話して通じないとき、どちら側が「国際共通語の英語」を話せていないのかを見極めていくのはとても難しいですね。

われわれの英語力不足なのか、ネイティブが難しく話しすぎているのか、この基準はどう決めたらいいのでしょう。発音や単語レベル、表現方法など、World Englishesにはバリエーションがたくさんあります。これらの最大公約数が国際共通語としての英語ということになるのかもしれませんが、「これがその『国際共通語の英語』ですよ!」と示していくのは、かなり厳しそうですね。ひたすら、たくさんの非ネイティブの人と英語でコミュニケーションをとって、お互いにわかり合えるポイントを見つけていくしかないのでしょうか……。

でも、相手をおもんぱかりながらコミュニケーションをとるというのは、われわれ日本人が得意とするところ。少なくとも、「このくらいの英語でいいのかな?」と調整しながら話せるくらいの英語力を身に付けておくといいかもしれませんね。もしくは、上手に表現できなくてもいいので、「なんとか自分の言いたいことをシンプルな英語で伝えられる」くらいを目標に学習するのがいいかもしれません。

ジョンと険悪なムードになったあと、お互いに空気を読んで、「日本人が英語を話せない」という話題には触れず、昔のように楽しく時間を過ごしました。彼が帰国した後に、お礼のメールが届いたので、筆者も反省して返信メールで謝ることにしました。「ついムキになってしまったけど、『国際共通語として、英語が通じてほしい』ということだったんだよね?ごめんね」と書いて送りました。

ジョンからの返信にはローマ字で「Daijobu. (大丈夫)」と書かれていました。わざわざ日本語で書くあたり、彼も彼なりに反省してくれたのかと思いきや、そのあとには「But you should do a better job in teaching English to Japanese people. (でも、オマエがもっとしっかり日本人に英語を教えればいいんだよ)」ですって……! 友よ、また10年くらい会わずに過ごしましょう(笑)

https://toyokeizai.net/articles/-/299125

sakamobi
sakamobi

GHQがちゃんと英語仕込んでおけばグローバルになってたのに😩😩😩

コメント