sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

史上最強の日本人ボクサー調査 圧倒的1位は誰か?

   

史上最強の日本人ボクサー調査 圧倒的1位は誰か?

 ボクシングブームが再燃している。振り返れば、日本人が最もボクシングに熱狂した瞬間が、1965年に行なわれたファイティング原田vsエデル・ジョフレの世界バンタム級「世紀の一戦」である。

当時の世界バンタム級王者ジョフレは、8度の防衛戦をすべてKOで勝利し、「黄金のバンタム」と呼ばれていた。そのジョフレに判定勝ちを収め、翌年のリターンマッチでも退けた原田は当時、大相撲の大鵬やプロ野球の長嶋茂雄に匹敵する国民的人気を集め、ジョフレとの再戦は63.7%という視聴率を記録した。

今回、「史上最強の日本人ボクサーは誰か」と長くボクシングを見てきた週刊ポスト読者1000人にとったアンケートで2位になった原田を史上最強のボクサーに挙げる声は多く、ボクシングライターの原功氏もその一人。

「歴代最強との呼び声も高いジョフレに2度も勝ち、いずれの試合もフルラウンドにわたって連打し続けた驚異のスタミナは不動の1位ではないか」

ガッツ石松も原田こそ最強と断言する。

「団体が一つしかなく、階級が細分化されていない時代にフライ、バンタムを制覇した。敵地でダウンまで奪って“疑惑の判定”で負けにされたフェザー級も獲っていたと仮定すると、今でいう6階級制覇だよ。スタミナと連打の印象が強いけど、本当に卓越していたのはディフェンス技術。柳に風という感じで、打たれているように見えてダメージはもらっていなかった」

アンケートでその原田を抑えて1位に輝いたのが、元WBA世界ライトフライ級王者で、13回連続防衛の日本人最多記録を誇る具志堅用高である。

「いまや“おもしろいオジサン”扱いだが、ダウンした相手になおも殴りかかろうとする気迫には圧倒された」(会社役員・63)

「具志堅は『100年に一人の天才』と呼ばれていた。今、井上尚弥が『200年に一人の天才』と言われているが、具志堅を超えるのはまだまだ早い」(公務員・50)

ところがこの結果に、本人は意外とそっけない。

「僕は強いというか、ただ努力しただけ。当時の世界戦は今と違って15Rあって(現在は12R)、フルラウンド戦えるようにしっかり走り込んで、スタミナをつけてやってきただけ。

僕以外にすごいボクサーなんてたくさんいた。テレビで見た大場(政夫)さんは根性があったし、生で初めて見た輪島(功一)さんは2回も王座に返り咲く強い気持ちがあった。原田さんのラッシュとスタミナには敵わないしなぁ」

その謙虚な姿勢こそが、偉大な防衛記録を生んだのかもしれない。

https://www.news-postseven.com/archives/20180608_690061.html

 

やはり具志堅用高は偉大だよなー(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - スポーツ, ニュース, ネット