ニコラス・ケイジが「質問ある?」スレに降臨して「何度見ても飽きない映画は千と千尋の神隠し」などさまざまな質問に回答

スポンサーリンク

ニコラス・ケイジが「質問ある?」スレに降臨して「何度見ても飽きない映画は千と千尋の神隠し」などさまざまな質問に回答

スポンサーリンク

2022年4月10日、俳優のニコラス・ケイジ氏が英語圏最大のソーシャルブックマークサイト・Redditの「Ask Me Anything(何でも聞いて)」板に登場したので、Redditユーザーの質問に対するニコラス・ケイジ氏の回答をまとめてみました。

Hello, I’m Nicolas Cage and welcome to Ask Me Anything : movies

Hello, I’m Nicolas Cage and welcome to Ask Me Anything from movies

スポンサーリンク

Redditユーザーとニコラス・ケイジ氏が繰り広げた一問一答は以下。

Q:
公共の場で知らない人に言われたら一番イヤな映画のセリフは?

ニコラス・ケイジ氏の回答(以下、A):
どんなセリフでも問題ありません。映画を覚えていてくれてうれしく思います。

ちなみに、この回答には2006年のウィッカーマンの「NOT THE BEES!(ハチはやめろ!)」など、「思い出深いニコラス・ケイジのセリフ」に関するレスがつきまくっていました。

Q:
何度見ても飽きない映画は?

A:
「地獄の黙示録」と「千と千尋の神隠し」。

Q:
いつかは演じたいと思っている役はありますか?

A:
ジュール・ヴェルヌの「海底二万里」に登場するネモ船長ですね。私は海を愛しているので、海を愛するネモ船長には共感しています。

スポンサーリンク

Q:
親愛なるジョン・トラボルタ様。ニコラス・ケイジと顔を交換してからの人生はいかがでしょうか?元の顔に戻したいといったお気持ちは?(注:ジョン・トラボルタ演じるFBI捜査官とニコラス・ケイジ演じるテロリストがお互いに顔を交換した上で対決することになる映画「フェイス/オフ」ネタ)

A:
Hahahaha

Q:
あなたの演技で最もステキだったのは「キック・アス」のビッグ・ダディ役だと思っています。あの役を演じる際に1960年代のTVシリーズ版バットマンの主演だったアダム・ウェストからどれほどの影響を受けましたか?それともアダム・ウェスト以外に影響を受けた存在があるのでしょうか?

A:
あのビッグ・ダディは全てアダム・ウェストのおかげですね。私はあのバットマンを見て育ちましたが、アダム・ウェストこそビッグ・ダディです。実際にアダム・ウェストに会ったときに「私があなたを降霊して演じようとしたのを見ましたか?」と聞いたら、「降霊『しようとしている』のは見たね!」と言われましたね。

Q:
もしあなたの作品を3本だけ後世に残せるとしたらどれを選びますか?

A:
「救命士」「PIG」「リービング・ラスベガス」。

スポンサーリンク

Q:
イーサン・ホークがあなたのことを「マーロン・ブランド以降、初めて演技というものに革新をもたらした存在」と言っていました。これについてどうお考えですか?

A:
イーサンにそう言ってもらえるのは大変恐縮ですね。イーサンとは「ロード・オブ・ウォー」で共演したことがありますが、彼の才能は圧巻でした。私はサイレント時代の映画スターや歌舞伎のような文化的表現、ジェームズ・キャグニーのような黄金時代の俳優からインスピレーションを受けてきて、何か新しいことを成したとは自分自身では思っていませんが、こうしたインスピレーションを常に念頭に置いています。

Q:
一緒に仕事をしてみたい監督は?

A:
クリストファー・ノーランですね。アリ・アスター、ロバート・エガース、スパイク・リーとも仕事をできればと思っています。

Q:
どんな形状のパスタがお好みですか?

A:
25年くらい前にチャーリー・シーンと一緒にサンフランシスコのイタリアンレストランに行ったことがあるんですが、この店を選んだ理由が断面が四角いチューブ型のパスタを置いていたからでした。チャーリー・シーンはこのパスタをとても楽しみにしていて、実際に食べてみたら私たち2人とも気に入ったので、次の日にもう1度食べに行きました。

スポンサーリンク

Q:
仕事と無関係な趣味はありますか?

A:
いい質問ですが、難しい質問でもあります。というのも、私が行うあらゆる行為が私の仕事に反映されるので。でも、あえて挙げるならば読書、映画鑑賞、運動です。

Q:
あらゆる文学と映画の中で一番お気に入りのキャラクターは?

A:
これは答えにくい質問ですね。私が映画俳優になったのは「エデンの東」の主演だったジェームズ・ディーンの演技が一番の理由で、そういうわけでジェームズ・ディーンが演じた主人公のカルが最も好きなキャラクターの1人です。でもラスプーチンや「カラマーゾフの兄弟」のドミートリイ・カラマーゾフも好きで、特にドミートリイ・カラマーゾフは文学の中では大好きなキャラクターの1人です。ドミートリイを好きな理由は、彼が女の子を捕まえるために自分の全財産を使い果たすところなんですが、私も彼のような経験があります。学校で一番美人だった1つ年上の女の子にプロムに誘われたことがあるんですが、その当時はお金がなくて。で、ちょうど祖母が兄弟全員に債権をくれたので、一番上の兄は車を買う、2番目の兄はステレオ機器を何個か買うという使い方をしたんですが、私は運転手付きのリムジンとタキシードを借りて、プロムに誘ってくれた女の子と一緒にサンセット通りの高級レストランへフルコースディナーを食べに行きました。兄2人が車やステレオ機器に支払ったのは2000ドル、私のプロムの一夜に支払ったのも2000ドル。これこそがドミートリイ・カラマーゾフの生き方です。

スポンサーリンク

Q:
「フェイス/オフ」の2はありますか?

A:
Yes.

Q:
「PIG」は本当に素晴らしい映画でしたが、あなた自身がこの作品に惹かれた理由や、この作品がこれほどまでに多くの人々の胸を打った理由は何だとお考えでしょうか?

A:
ありがとう。私の直近の作品はオペラ的な演技が多かったので、もっと静的で自然な演技に戻ることに興味がありました。この作品は私にとってフォークソングかポエムのような感じで、私が演じた主人公のロブはとてつもない悲しみと自らに課した孤独と戦う人物でしたが、これは2020~21年のパンデミックで私たちが経験した喪失感や孤独に通ずるところがあると思います。「PIG」は私の大好きな映画で、おそらくは最高傑作ですね。

スポンサーリンク

Q:
ケイジさん、あなたは私の大好きな俳優です。上映されたら複数回見に行こうと決意するほどあなたの「Unbearable weight of Massive Talent」を待ち遠しく思っているんですが、2つ質問があります。1つ目は「毎日キャラクターになりきるのがしんどかった役は?」で、2つ目は「今まで演じた中で一番お気に入りのキャラクターは?」という質問です。

A:
1つ目の質問については、ニコラス・ケイジ役で出演した「Unbearable weight of Massive Talent」が最も困難でしたね。というのも、ニコラス・ケイジという人間を崩さずに、監督の思い描く不条理なニコラス・ケイジ像を演じる必要があったので。毎日が綱渡りの連続でした。

そして2つ目の質問については、先ほどの質問にもあった「PIG」が一番気に入っています。スコセッシ監督の「救命士」と並んで、私の2大ベスト映画ですね。

ニコラス・ケイジ氏の最後のコメントは「午後のおしゃべりに付き合ってくれたみなさん、ありがとうございました。コミュニケーションできて本当に楽しい時間でした。私は普段SNSをやっていないので、こうして色々と楽しい話、特に映画の話ができて良かったと感じています。ライオンズゲート(映画配給会社)から伝言、『The Unbearable Weight of Massive Talent』は2022年4月22日上映予定」というものでした。

https://gigazine.net/news/20220413-nicolas-cage-ask-me-anything/
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本人にとってはよくある昔話の風景だけど、外国人には新鮮で神秘的に感じるんだろうな😊😊😊

コメント