「ニコ動離れ」はなぜ止まらないのか? 古参ファンの本音

「ニコ動離れ」はなぜ止まらないのか? 古参ファンの本音

KADOKAWAとドワンゴの経営統合から4年半、出版界とIT界の異色タッグは新たな局面を迎えている。今年2月にカドカワの川上量生社長が取締役に降格し、4月にはドワンゴはKADOKAWAの子会社になった。背景にあるのはドワンゴ運営の「ニコニコ動画」(以下、ニコ動)の低迷だ。

カドカワの決算資料(2019年3月期)によれば、連結純損益予想は従来の54億円の黒字から43億円の赤字に転落。約55億円の黒字で好調な出版部門とは対照的に、「ニコ動」やスマートフォン向けゲーム「テクテクテクテク」などウェブサービスが足を引っ張った。

ニコ動の低迷は、今に始まったことではない。会員数はピークだった2016年9月末の256万人から減少の一途を辿っており、2018年12月末時点で188万人まで減少。“ニコ動離れ”が止まらない状況だ。ニコ動がなぜこれほどまでに落ちてしまったのか。その要因を、かつてのファンたちの本音から探る。

30代男性会社員・Aさんは、先日久しぶりにニコ動を開いた。ボカロPとしても知られたロックバンド・ヒトリエのwowakaさんが4月5日、急性心不全により亡くなったからだ。wowakaさんは、ニコ動で「ローリンガール」「裏表ラバーズ」など数々の名曲を手掛けてきた“ボカロPのレジェンド”と言っても過言ではない存在だった。

「大好きなボカロPの一人だっただけに、本当にショックでした。コメントを見ると、『ありがとう』にあふれており、ハートマークが流れると『職人おかえり』、タグの『永遠に評価されるべき』など、ニコ動独特の一体感による懐かしさも相まって、泣いてしまいました」(Aさん)

2006年にサービスを開始した「ニコ動」。ボーカロイドの初音ミクや、ボカロP「ハチ」として活動していた米津玄師などを育んだ場所としても知られ、ネット文化を牽引してきた。しかし、今や動画サービスとしては「YouTube」に大差をつけられてしまっているのが実情だ。

現在、YouTubeしか見なくなってしまったAさんだが、かつてはニコ動とYouTubeを使い分けていたという。ニコ動はコメントによって、アニメやボカロ曲、ゲーム実況などオタク同士で一体感を得たいとき、YouTubeはミュージックビデオやYouTuberを見たいときという具合だ。

「使い分けているうちは、まだよかったんです。でもニコ動のコメントがだんだん煩わしくなって、コメントをオフにするようなりました。あと、かつてのニコ動には、ここでしか見られないという独自のコンテンツがありました。でも、今はYouTubeで事足りてしまう」(Aさん)

クリエイター奨励プログラムがニコ動の雰囲気を変えた
30代女性会社員・Bさんは、今でも時々昔好きだったMAD動画などを視聴するためにニコ動を見るというが、使いづらさを嘆く。

「正直、YouTubeと比較するのはナンセンス。ニコ動は画質が悪く、重たくなることも多々。プレミアム会員にして、ようやく“普通”に視聴できるという感覚です」(Bさん)

もちろん、ドワンゴ側が何もしなかったわけではない。2017年11月、ニコ動4年ぶりの新バージョンとなる「niconico(く)」の発表会が行われた。しかし、ユーザーが望んでいた機能と乖離するものだったことから、残念がるファンは多かった。

「『niconico(く)』では、回線増強をはじめ、ログインなし視聴可、一般会員でもシーク(途中再生)可、動画やコメントを評価できる『ニコる』の復活など、様々な改善が行われました。でも、動画サイトがたくさんある今、ニコ動を選択する決め手がない印象です」(Bさん)

クリエイターの収益を確立させる仕組みづくりの遅れも影響しているようだ。3DCG制作ツール「MikuMikuDance」を使用した動画MMDの投稿経験があるBさんは言う。

「MMDに限らず、作り手や生主たちが、動画再生数が伸びて収益率も高いYouTubeに主戦場を移していった気がします。事務所からスカウトを受けたという声も聞きます。ニコ動にもクリ奨(クリエイター奨励プログラム)がありますが、その複雑さと不透明さも課題。今からでも、もっと動画制作者に親切かつ好待遇の収益の仕組みをつくるべきです」(Bさん)

クリエイター奨励プログラムは、2011年12月に開始。ユーザーが投稿した作品の人気度などからスコアが算出されることで、奨励金として支給される仕組みだ。2017年10月からはニコニコ生放送も報酬の対象になった。奨励金の原資は、プレミアム会員収入や再生前動画広告の売上だ。だが、皮肉にもこのプログラムが、ニコ動の雰囲気を変えてしまったという。

「ニコ動の良さというのは、踊ってみたや歌ってみたでも生配信でも、その“素人感”というか、“まだ世に出ていない感”でした。編集テクとか、音を外さなくなったとか、そんな成長の過程がわかるからこそ、熱心に応援していた人もたくさんいたものです。お金が支払われ始められてから、以前より完成度の高い動画が増えて、ニコ動の雰囲気は変わっていったと思います」(Bさん)

「VTuber」での復活に期待する声も
サービス開始当初のβ時代からの古参ファンである30代男性会社員・Cさんは、「コメントに対する認識の違いが生まれている」と話す。ある意味動画の一部として機能していたコメントが、他サイトのような“単なるコミュニケーションツール”に変わってきているというのだ。

「昔のニコ動は、素晴らしい歌詞や弾幕をつくる職人がいたし、赤コメの質・タイミングともに良かった。動画はコメントを含んだ作品だったんだと思います。今のニコ動では、その文化が失われつつある。慣れの問題ではありますが、ユーザーが昔のようなコメント込みの一体感を求めていたとするなら、ニコ動から離れていくのは必然だと思う」(Cさん)

だが、ここ数年で爆発的な勢いを見せる「VTuber」には希望を感じている。なぜなのか。

「VTuberは、ニコ動文化に通じるものがあります。“Tube”という名前はついているけれど、かつてニコ動で栄えたボカロ、MMD、生放送などが融合した感じ。僕がよく見るVTuberって、結構ニコ動の古いネタを話すこともあるのですが、嬉しい反面、なぜ、ニコ動発ではないのかという寂しさのような気持ちもあります。VTuberの投稿先は、今のところ圧倒的にYouTubeですが、ニコ動も相性が良いと思うので、運営が頑張ってくれたらなと思います」(Cさん)

実際、ドワンゴは昨年12月、VTuberに特化したプロダクションをKADOKAWA、カラーなど5社と設立。直近では4月13日、バーチャルYouTuberになりきれるVTuber配信ソフト「Virtual Cast(β)」公開した。ニコ動のリアルイベントである「ニコニコ超会議2019」では、総勢100名以上のVTuberが出演する「VTuber Fes Japan 2019」を開催する予定だ。ドワンゴの並々ならぬVTuber市場への執着がうかがえる。

ニコ動を愛していたがゆえの、厳しい本音の数々。ドワンゴは、もはや“オワコン”扱いされることも多いそのサービスを復活させることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00000003-moneypost-bus_all&p=1

sakamobi
sakamobi

ようやく投げ銭始めたようだけど一旦離れた人気配信者はほとんど戻ってこず。まあ当然よね😟😟😟

コメント