最高裁「NHKの受信料は20年経ても時効なし」

最高裁「NHKの受信料は20年経ても時効なし」

 決まった期間ごとに一定の金銭支払いを受けられる債権は、20年間行使しなければ消滅するとした民法の時効規定が、NHK受信料に適用されるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は17日、適用されないとの初判断を示した。

訴訟で大阪市の男性は、NHKと受信契約を結んだ後、請求されなかったことから、20年以上、受信料を支払っていなかった。

第3小法廷は、放送法はテレビなどの設置者に広く公平に受信料を負担させていると指摘。「20年の時効を適用すれば、契約者が将来生じる支払い義務まで免れ得ることになり、放送法の趣旨に反する」と指摘した。

指定されたURLは存在しませんでした。/野球/デイリースポーツ online
最新のニュースをお届けするデイリースポーツのニュースサイト、デイリースポーツonline(DailySportsOnline)です。野球や芸能など、最新情報(速報)、特集情報などをいち早くお届け!他にも写真特集やコラム特集も充実。芸能・スポーツ情報や野球・阪神タイガース・広島カープに関する速報の事ならデイリースポーツo...

 

放送法をどうにかしろよ(# ゚Д゚)

コメント