【嫌なら見るな!】NHKチコちゃんに叱られるの岡村嫁探しが炎上「番組をあげての岡村に対するセクハラ」

スポンサーリンク

『チコちゃんに叱られる!』不覚の炎上騒ぎ! 独身・岡村隆史へのイジりは男性蔑視の表れか?

スポンサーリンク

2月7日放送『チコちゃんに叱られる!』(NHK)が取り上げたのは、以下の3つのネタだった。

・段ボールの「段」って何?

・おでんの「でん」って何?

・しっとりって何?

スポンサーリンク

番組を予習してこなかった草笛光子
初っ端のテーマから、ゲストが大活躍だ。「段ボールの『段』って何?」と質問されたゲストの草笛光子は「積んでいくと『段』になるから」と回答し、チコちゃんから「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱られてしまった。

「なあに? なんなの?」(草笛)

どうやら、番組の構成を把握していない模様。いきなり叱られ、何が起こったのわかっていないようだ。普通ならゲスト出演する番組は1回くらい見て予習するだろうに……。まさに、大女優なマイペースさである。

実は、もう1人のゲストである滝藤賢一がこの質問に正解してしまっている。つまり、滝藤はいきなりチコった。途端に「つまんねーヤツだな~」と拗ねるチコちゃん。

チコちゃんが発表した答えは、「井上さんが段々だと思ったから『段』」だった。誰だ、その井上さんって……?

詳しく解説してくれたのは、段ボール製造メーカーの広報部長・後藤光行さんだ。

スポンサーリンク

「そもそも、段ボールの『ボール』ってなんだかご存じですか?」(後藤さん)

確かに丸い形でもないのに、なぜ「ボール」なのだろう?

段ボールは基本的に厚い紙3枚でできており、平らな厚紙2枚で波形の厚紙を挟む構造である。この1枚の厚紙は「板のように厚くて丈夫な紙」という意味から英語で「paperboad(ペーパーボード)」と呼ばれていた。

これが明治時代に日本に伝わると、日本人には「ボード」が「ボール」に聴こえてしまった。だから、日本では「ボール紙」と呼ばれるように。ネイティブ発音をカタカナに変換する際に起きた失敗が元になったのだ。

段ボールを横から見ると、三角形が連続していることがわかる。指で四角形を押すと簡単に変形するが、三角形は変形しづらい。そして、波形と1枚のボール紙を合わせたものが、1870年代からアメリカでガラス製品の包装などで使われ始めた。明治時代の日本では、形状がなまこに似ていることからこれを「なまこ紙」と呼んでいた。

スポンサーリンク

“段ボールの生みの親”である井上貞治郎は、高価だったなまこ紙が日本でも作れないか奮闘、そしてついに完成に漕ぎ着けた。これをいざ売ろうとした際、井上は「今までとは全く違う商品なんだ」と印象づけるため、改めてこれを「段ボール」と名付けたのだ。

いや、ボールの由来はわかった。でも、「段」はなんなのか?

「語呂が良く、見た目も段々なので段ボールと名付けたそうです」(後藤さん)

段々に見えるから「段」? なんか腑に落ちないけど……。ただ、「なまこ紙」がひどすぎるので、そのネーミングセンスよりは遥かにいい。

この日本製の段ボールはすぐ評判になり、井上の元には「香水の瓶を入れる箱を作ってほしい」と発注が舞い込んだ。外国では1890年代にすでに段ボール箱はあったので、井上はボール紙を両面に貼り、見よう見まねで段ボール箱を完成させた。そして、これが飛ぶように売れた。

こうして段ボール箱は全国に普及し、井上の会社は段ボールの製造販売日本一となる。そして、全世界に工場を100以上持つ会社に成長したのだった。

スポンサーリンク

いまや、段ボールで家具や家、車まで作れる時代だ。井上の功績は計り知れない。ちなみに、井上の人生は森繁久彌主演『きんとま一代』なる作品で1963年にドラマ化されている。

関東大震災が食文化に与えた影響
「おでんの『でん』は何?」という質問に、滝藤は「代々伝わってきた家庭の味を今の時代に伝える『伝(でん)』」と回答。チコちゃんに「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱られてしまう。MCの岡村隆史は、おでんを区切る板を真上から見ると田んぼの「田」に見えるから「田(でん)」ではないか? と推測した。

どちらも不正解。チコちゃんが発表した答えは「おでんのでんは豆腐」だった。

串に刺して焼く豆腐を「田楽(でんがく)」と言うが、もともとは平安時代に豊穣祈願のために踊る舞を田楽と呼んだそうだ。そして、豆腐を串に刺した様子が舞を踊っている人の姿に似ていたから、この豆腐料理は田楽と呼ばれるようになる。

この豆腐料理は、後に宮中に入った。そして、宮中に仕える女性たちが田楽を呼ぶ際、上品に頭に「お」を付けて「お田楽」になり、省略されて「おでん」になった。つまり、「お」と「でん」である。江戸時代になるとこのおでんは屋台で売られ、うどんやだんごと並ぶほど人気商品になる。

スポンサーリンク

ここまでのおでんは、串に刺して焼いた料理を指している。そして江戸時代後期、千葉県の銚子や野田辺りでしょうゆの製造が盛んになり、江戸の街でしょうゆ味で煮込んだおでんが新たに生まれた。

江戸でしか食べられなかったこの煮込みおでんは、大正時代に東京の料理人によって大阪へ持ち込まれた。当時の関西のおでんは串に刺す田楽スタイルだったので、区別するため、煮込みおでんは「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれたそう。関東煮は濃いしょうゆベースの味付けだったため関西の人の口に合わず、昆布だしを使った薄めの味付けにアレンジされ、さらにたこ、牛すじ、クジラの舌などが加わって関西でも大人気になった。

そして、あることをきっかけにこの関東煮は関東へ戻った。1923年に関東大震災が起きたのだ。これによって、関東の料理店は大ダメージを受ける。このとき、関西の料理人が関東に集まり、炊き出しのボランティアで振る舞ったのが、関西風にアレンジした関東煮……つまり、今、私たちがイメージする出汁ベースのおでんだった。

以降、関東でも出汁ベースの関西風おでんが一般的になり、今や全国に広まって各地で愛される料理になったのだ。

スポンサーリンク

銚子、野田でしょうゆの製造が盛んになる→江戸で煮込みおでんが人気を博す→関西に持ち込まれる→関西でアレンジされる→関東に逆輸入。物凄い往復である。あと、往復と共に形を変えてきたおでんの歴史も泣ける。体だけでなく心も温まりそうだ。

前回のお肉屋さんがコロッケを売り始めたきっかけといい、関東大震災が食文化にさまざまな影響を与えていることもわかった。もしかしたら、我々はいまだに真っ黒な汁にぶっ込まれた辛いおでんを食べていたかもしれないのだ。

昨年、ようやく世界デビューした「しっとり」という感覚
「しっとりって何?」。このテーマのチコちゃんの答えは、「2段階の摩擦力」である。解説するのは、山形大学工学部の野々村美宗教授だ。

実は、「しっとり」は日本人独特の感覚だそう。他国に「しっとり」に完全に対応する言葉はない。だから研究は進んでおらず、「しっとり」という感覚の正体はずっと謎に包まれていた。

スポンサーリンク

その正体を突き止めたのが野々村教授で、昨年7月にイギリスの科学雑誌に「しっとり」についての論文を発表している。まさに、「shittori」が世界デビューを果たした瞬間だ。

辞書で「しっとり」を引くと「適度に水を含み、潤いのあるさま」と書かれているが、水を含んでいなくてもしっとりを感じる物(パウダーファンデーショやティッシュペーパーなど)はたくさんある。野々村教授が指すしっとりを感じるポイントは、「2段階の摩擦力」「ベタッとしてスルーッ」だそうだ。

早速、実験が行われた。人の皮を再現した人工皮膚に保湿クリームを塗ってしっとりさせ、触ったときの感覚と圧力を測ったのだ。すると、触った瞬間は摩擦力が高いことがわかる。これは、水分を含んだような「ベタッ」とした湿り感。その後、摩擦力は一気に下がり、スーッと滑るようななめらか感が続いた。この湿り感となめらか感、2つの摩擦力を同時に感じると「しっとり」の感覚になるのだ。

ちなみに、身の回りにある物では1箱1,000円の高級ティッシュがかなりしっとりしている。そして、その上を行く“しっとり王”の座に輝いたのは、野々村教授が肌身離さず5年愛用していた革財布だった。触った瞬間は摩擦によってわずかな振動が起き、その後の摩擦力は高級ティッシュより低い。ちなみに、この財布は教授がご家族からプレゼントされた物である。

スポンサーリンク

「家族からもらった財布が王者ということで、この研究をやってて良かったなと改めて思いました」(野々村教授)

知らないよ! そんな、さりげなくのろけられても……。何にせよ、肌触りをひたすら研究する科学者が世の中にはいるのだ。

そういえば、日々使っているもののきちんと理解していない擬音語がたくさんある。例えば、「まったり」「しっぽり」とか。使っているけど、その意味をちゃんと理解はしていない。それらの研究が行われているとしたら、いつか番組で紹介してほしい。

岡村への独身イジりが炎上に発展
前回(1月31日放送回)からスタートした新企画がネット上で物議を醸している。その名も「キョエちゃんが行く! 日本全国 岡村嫁探しの旅」だ。

各地を訪れたキョエちゃんが街行く女性に岡村の写真を見せ、「この男と結婚してくれませんか?」と次々に申し出る。しかし、女性たちは手でバッテンマークを作り、一様に「ムリー!」と拒否する……というVTRである。

スポンサーリンク

前回の番組終了後、SNSでは「見てていい気がしない」「こういうイジりをするから岡村がひねくれる」「中年男性はどれだけ蔑んでも問題ないと考えている男性蔑視」という視聴者の声が飛び交った。だから、もうやらないのでは? と予想していたら、今回もこの企画は行われた。

案の定、「番組をあげての岡村に対するセクハラ」「キョエちゃんは出してほしいけど、岡村嫁探しはどうでもいい」「このクソコーナー毎回やんの?」という批判の声がネットに数多く上がっている。

「結婚できない中年男は不憫」という岡村へのイジりは、価値観の多様性を認める大河ドラマ『いだてん』や連続テレビ小説『スカーレット』と方向性がかなり違う印象だ。

スポンサーリンク

アローン会を結成するなど、岡村も自ら独身をネタにしている節はある。微妙な線なのだ。これからもこのコーナーは続いていくのだろうか? この番組の今後の課題だ。

https://www.cyzo.com/2020/02/post_230869_entry.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これ面白いと思ってる番組スタッフがやばいね😖😖😖

コメント