NGT荻野由佳「起用すると炎上するアイドル」状態に…NGT48の再生は無理なのか

荻野由佳「起用すると炎上するアイドル」状態に…NGT48の再生は無理すぎる

アパレルブランド「ヘザー」が、4月23日にウェブマガジンを更新。NGT48の荻野由佳をモデルに起用したプロモーションを「削除した」と報告して話題になった。

同プロモーションでは、荻野由佳を浴衣のモデルに起用。4月17日から告知をスタートさせ、特設サイトをオープンさせるなどのコンテンツを展開していた。しかし、収束を見せない“山口真帆の暴行事件騒動”真っ只中の起用に批判が殺到。ブランドの不買運動に発展するほど大きな反響を呼んでいた。

批判を受けて「ヘザー」は、「先週公開したプロモーションについて、様々なご意見を頂戴いたしました。頂戴したご意見を踏まえ、本プロモーションに関するコンテンツを削除することといたしました。日頃よりご愛顧頂いているお客さまには、ご心配をおかけし申し訳ございませんでした。今後はより一層注意して活動を行ってまいります」とのコメントを発表している。

現在のNGTメンバーのなかで、事件でその名を知られるようになった山口真帆を除けば、世間的な知名度があるのは荻野由佳と中井りかくらいのもの。しかし現在は、2人が個人仕事をするたびに炎上に発展している状況だ。お膝元である新潟県と新潟市には事件発覚から現在にかけて、約2千件もの苦情が寄せられているという。この状態では、メンバーを売り込もうとしても無駄なのは火を見るよりも明らかだろう。

もちろん今回の騒動は、山口真帆を襲撃した犯人と事件を隠蔽しようとした運営に100%の非がある。事件への関与が疑われているメンバーたちが叩かれているが、もし彼女たちが事件と関係ないのならば身の潔白を証明すべくAKSが動けばいいのではないか。

荻野由佳が所属するホリプロは、今年1月「ファンとの個人的な交流は一切行っていません」と疑惑を否定。しかし4月7日から更新されていない彼女のTwitterには、「あんたを起用すると企業が謝罪しないといけない。どういう意味かわかる?」「ヘザーのお仕事無くなりまして、おめでとうございます。早く芸能界からいなくなりましょう」などの誹謗中傷が溢れかえっている。

荻野由佳が一方的な“口撃”を受ける中、中井りかは“山口真帆へ「死ね」と言った”疑惑についてキレ気味に否定。沈黙する荻野由佳に対して、彼女は自由奔放な立ち振る舞いを許されているようだ。その理由は秋元康の寵愛を受けていて、一緒に食事を楽しむようなポジションを確立しているからだろう。まるで指原莉乃のような立場の中井りかは、NGT運営の指示に従わなくてもよい唯一の存在なのかもしれない。

自由な行動を許されている中井りかに対して、荻野由佳は反論するチャンスがないのだろうか。本当に事件に関わっていないのならば、改めて「本当にファンとつながっていないし、山口をいじめてもいない!」と否定してはどうだろう。

https://news.infoseek.co.jp/article/messy_69827/

sakamobi
sakamobi

大手プロダクション所属だから何があろうがゴリ押しできる。という時代ではなくなってきたんだよね😜😜😜

コメント