sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【寝屋川監禁死亡事件】娘の監視映像15年超、捜査員が確認したところ暴れる様子なし 両親「娘が暴れるので閉じ込めた」

   

精神疾患の長女を15年以上監禁し衰弱死させた2畳の室内プレハブの仕組みがヤバい

娘の監視映像15年超、暴れる様子なし…寝屋川

大阪府寝屋川市の柿元愛里さん(33)が自宅の小部屋に監禁され、死亡した事件で、柿元さんの様子を録画した監視カメラ映像の保存期間が、15年以上に及ぶことが捜査関係者への取材でわかった。

 逮捕された両親は、閉じ込めた動機について「娘が暴れるため」と説明していたが、府警が調べた結果、柿元さんが暴れる様子は確認されていないという。

 捜査関係者によると、柿元さんは小学6年から学校に通わず、自宅の小部屋で隔離状態に置かれていた。16~17歳だった2001年に統合失調症と診断された後、外側から施錠された別の小部屋に移され、昨年12月18日に死亡した。

 府警は、父親の泰孝(55)、母親の由加里(53)両容疑者が保管していた大量のDVDやビデオテープなどを自宅から押収。柿元さんが死亡した小部屋内の映像に加え、診断前に隔離されていた別の小部屋とみられる様子も残っていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180125-OYT1T50004.html

・16歳頃から17年間ぐらい監禁したと言うが小学6年ごろから消息を断っている。
・小学校の同級生曰く、大人しくて真面目な子だった。
・暴れたりとかはなかった。精神を病んでいる様には見えなかった。
・いつも同じ服を着ていて髪もぼさぼさだった。
・体によくあざや怪我があったが、犬に噛まれただけ等と誤魔化していた。
・いつも悲しそうな表情をしていた。
・窓のない簡易トイレ付きの部屋で、トイレを除くと実質1畳で
体を曲げて寝られるぐらいのスペースしか無い。
・簡易トイレの交換は1~2週間に1回。実質1畳の部屋に1~2週間分の糞尿が溜まった簡易トイレがあった。
・娘の体は床ずれが起きて接地面は壊死していた。
・風邪や体調を崩しても病院に連れて行かず放置。
・風呂は入れてなかった。おそらく歯も磨かせていない。
・食べ物は私達の残飯、水は外から繋いだチューブで飲ませた。
・19キロまで痩せて体温を維持できなくなり凍死した。でも、娘には満足な食事を与えていた。
・氷点下の気温でも暑いと言って脱ぐのでずっと全裸にしていた。
・暴れたり逃げ出そうとするので監禁したというが、監視カメラの記録には暴れている様子はなかった。
・監禁ではなく療養、虐待ではなく保護、私達なりに大事にしていた。

やっぱりおかしいのは親の方だったんやろうな…かわいそうに(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット