【画像】ソフトバンクのペッパーくんが新型に生まれ変わる「ハイ、ペッパー」で呼びかけてスムーズな会話ができるようになる…ちなみにお値段なんと

人型ロボット「Pepper」に家庭向け新モデル 「ハイ、ペッパー」で呼び掛け、“りんな”で会話力向上

『3キャリアに対応』 AM Telecomの通信モジュールの強み
ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは4月16日、人型ロボット「Pepper」の家庭向けモデル「Pepper for Home」を発売すると発表した。同日から予約を専用Webサイトで受け付け、順次発送する。本体価格は19万8000円(税別、手数料と月額費用別)。

2016年に登場したAndroid対応のPepperを、家庭向けに特化させたメジャーアップデートモデル。本体の胸部分にあるディスプレイの表示デザインを一新した。会話をしている場面以外でも、時計やニュース、天気などの情報を表示する。

新機能として、「Hi, Pepper」(ハイ、ペッパー)と呼び掛けて会話を始められるようにした。日本マイクロソフトの“女子高生風”AI(人工知能)「りんな」の技術や、会話型エージェントを開発できる米Googleのプラットフォーム「Dialogflow Enterprise Edition」を活用。これまで応対が難しかった会話に対する返答の正確性が向上し、スムーズな会話がより長く楽しめるようになったという。

Pepper for Homeの発売にあわせて、複数人で楽しめるゲームアプリや、小中学生向けの勉強アプリ、学習リモコンアプリなども用意する。これまでと同様に「Pepper SDK for Android Studio」を使ったソフトウェア開発も行える。

15年6月に発売した「Pepper一般販売モデル」は、4月16日で販売を終了する。同モデルに対応するソフトウェア開発キット「Choregraphe」(コレグラフ)と、コレグラフで開発したアプリは、Pepper for Homeでは使えない。

Pepper for Homeは本体価格の他、「Pepper for Home 基本プラン」への加入が必要。費用は2万7600円×36カ月の分割払いか、99万3600円の一括払いとなる。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/16/news086.html

sakamobi
sakamobi

いらなすぎて草😂😂😂

コメント