sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【NHK】クローズアップ現代+「ネットリンチ、炎上その後(仮)」11月放送予定

   

【NHK】クローズアップ現代+「ネットリンチ、炎上その後(仮)」11月放送予定

インターネット上では“炎上”が毎日のように起きています。SNSやブログでの発言などをきっかけに、批判的な意見が集中し、まるで燃え広がるように拡散する現象です。個人や団体へのひぼう・中傷に発展するケースもあります。

NHKの取材チームは、この500日間、ネットを常時監視、炎上と見られる事案をピックアップして分析してきました。

わかってきたのは、多くの一般の人が、炎上の当事者(批判や非難の対象)になっていることでした。被害を防ぐにはどうすればいいのか。取材チームは、データの追跡を進めるともに、皆さんに広く投稿を呼びかけて情報を集め、取材を続けています。

クローズアップ現代+「ネットリンチ、炎上その後(仮)」(11月放送予定)

“ネット炎上“ 500日の記録・分析

炎上” どのように広がったか

この500日間の炎上事例、1136件をピックアップして分析したところ、ツイッターが最も多く、ほとんどのケースに介在していました。また、まとめサイトを含むネット専門のメディアに、投稿が引用されたり、記事化されることによって炎上が広がるケースも目立ちました。ユーチューブやインスタグラムなど、写真や動画の投稿が引き金になる傾向も強まっていることがわかりました。

ツイッター 1013
ネットメディア
(まとめサイト含む) 440
ブログ・掲示板 92
ユーチューブ 52
フェイスブック 47
インスタグラム 31

※総数1136件のうち、きっかけとなった投稿や主に炎上が広がったメディアを複数選択。

“炎上” 誰に火がついたか

炎上の当事者(批判や非難の矛先が向いた人や団体)で最も多かったのが一般の人でした。その割合は、全体の4分の1を超え、1000リツイート以上の規模の大きい炎上では、全体の27.6%を占めていました。

【NHK】クローズアップ現代+「ネットリンチ、炎上その後(仮)」11月放送予定
“炎上” なぜ・背景に何が

CASE.01
悪ふざけ・炎上狙いなど
CASE.02
“過度”なコマーシャル表現
CASE.03
国籍や性別などの差別やヘイト
CASE.04
メディアの報道姿勢・誤報など
CASE.05
デマ・事実誤認・なりすまし

まとめサイトを含むネットメディアが“炎上事例”として取り上げ、さらにそれをテレビや新聞・雑誌などの大手のマスメディアが、取り上げることで、炎上がさらに加速・拡大するという指摘があります。これについて炎上のメカニズムに詳しい国際大学の山口真一講師は、次のように話しています。

炎上はネット上の現象ですが、実は、マスメディアも密接にかかわっています。それは拡声器的な役割で、時にはネット以上に厳しく追及・バッシングすることもあります。実際、ある研究では、炎上認知経路として最も多いのはテレビのバラエティ番組ということが指摘されています。その数、実に60%程度で、同研究におけるTwitterからの認知(23%)を大きく上回ります。さらに、マスメディアがネットをチェックして情報を収集しており、炎上を積極的に取り上げるということもあります。
(リンク先に続きあり)

https://www3.nhk.or.jp/news/special/enjyou/?utm_int=news_contents_news-closeup_004

炎上は“しない”“させない”“許さない”でつ!(`・ω・´)

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, Twitter・SNS, ニュース, ネット