どっちが速いかニャン 高校生と一緒に50メートル走 田辺市

どっちが速いかニャン 高校生と一緒に50メートル走 田辺市

 和歌山県田辺市龍神村安井の南部高校龍神分校で、1匹の雄ネコが生徒に懐き、生徒が自主トレーニングで運動場を走る時は、併走して競走する時もある。

ネコと一緒に走っているのは、同校野球部の元主将で3年生の吉川輝樹君(17)。クラブを退いたが、卒業後は野球独立リーグの和歌山ファイティングバーズへの入団を希望。野球部の練習場は分校から離れた場所にあるため、放課後は校舎前の運動場で自主トレーニングに励んでいる。

ネコは近所で飼われている雑種とみられる。子ネコではないが、まだ若く、母ネコと一緒にいる。以前から学校に姿を見せていたが、1週間ほど前から吉川君がダッシュで50メートルの直線距離を走ると、一緒について併走するようになった。

スタート位置でネコと並んだ吉川君が「行くぞ」と声を掛けて先に走りだすと、ネコが猛然と追い掛けて一直線にゴールまで走る。50メートル走の自己ベストが6秒5という吉川君を追い抜く時もあるという。ただし一緒に走るのは直線距離だけで、運動場を周回する時は一緒に走らないという。

301 Moved Permanently

>ただし一緒に走るのは直線距離だけで、運動場を周回する時は一緒に走らないという

直線番長で草

コメント