【朗報】「猫飼っていて避難できなくて」中1男子をボートで救出

スポンサーリンク

「猫飼っていて避難できなくて」中1男子をボートで救出

スポンサーリンク

大型で非常に強い台風19号の通過から一夜明けた13日、埼玉県西部を中心に被害状況が明らかになってきた。2人が死亡、多数の川で堤防が切れたり水があふれ出たりして500戸以上が床上に浸水した。県内に初めて特別警報が発令された今回、雨台風はその猛威をまざまざと見せつけた。

スポンサーリンク

県西部を流れる越辺川や都幾川の堤防が決壊、氾濫(はんらん)した川越市や東松山市では、住居が浸水し取り残される人たちが相次いだ。消防や警察は13日朝からボートなどで救出にあたり、全員を救出した。

国土交通省関東地方整備局によると、13日午前5時25分ごろ、越辺川の堤防が川越市内で約60~70メートル、その後、東松山市内でも約20メートル決壊していることが確認された。同市内では同7時15分ごろ、都幾川の堤防が約100メートル決壊していることも確認されたという。

スポンサーリンク

この影響で、川越市下小坂周辺では住宅の1階部分がほとんど水没。利用者や職員計約120人が一時孤立した特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」では、入居者らが数人ずつボートで安全な場所に運ばれた。救助された女性は「持病があり体調を崩さないか、施設から無事に出ることができるのか、すごく不安だった。助けが来てくれて、うれしかった」と話した。

家族4人で住む自宅から消防ボートで救出されたという中学1年生の男子生徒(13)は「猫を飼っているので避難できなかった。午前1時くらいに停電して、1階を見に行ったら玄関から水が入ってきているのに気づいた」という。壁からも水が噴き出し2階へ避難。「階段が1段ずつ水没して水面が迫ってくるのでどうなるかと思った」と振り返った。

スポンサーリンク

「70年間で初めて」
坂戸市東坂戸2丁目の団地1階に住む女性会社員(68)は13日午前5時ごろ、同居する孫に起こされ浸水に気づいた。「足のくるぶしまで水につかり、電気もショートして使えませんでした」と話す。昼ごろ救助されたが、「まさか自分が被災者になるなんて」と驚いていた。近くの栗原桂子さん(73)も「70年以上ここに住んでいますが、こんなことは初めて」。朝6時ごろ水が胸の高さまであるのを目の当たりにしたという。

東松山市では、浸水被害にあった人たちが清掃や片付けに追われていた。

都幾川の堤防近くの自宅が1階の天井付近まで浸水した同市高坂の会社員、橋本隆生さん(57)は13日午後、家族と手分けして、水につかったたんすや着物などの家財を庭に並べて干したり、泥水で汚れた室内を洗ったりした。「泥が乾いて固まらないうちにやらないと」と橋本さん。12日夜に市から出た避難指示で家族5人と飼い犬1匹で避難し全員無事だったという。

スポンサーリンク

同市あずま町4丁目の大型商業施設近くでカフェを経営する黒畑貴広さん(40)は、店内の椅子やテーブルを運び出し、店内を水洗いしていた。

12日夜は「風雨がすごくて」避難。13日午前6時ごろ店に来ると、道路から50~60センチ高い位置にある店内の床上60センチくらいまで浸水した跡があった。「泥水で冷蔵庫も食材も厨房(ちゅうぼう)機器も全部だめ」。開店からまだ5年目という新しい店だが「再開のめどは立たない」と肩を落としていた。

https://www.asahi.com/articles/ASMBF4HXCMBFUTNB018.html

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

家族同然というのは分かるけど、中学生ならそのくらいの判断力は無いとね。逃げ遅れた人を救助するのだって命懸けなんだからさ…😩😩😩

コメント