NECさんAIを駆使し「バブル絶頂味」「バブル崩壊味」など時代毎のチョコレートを開発し販売する模様

日本電気(NEC、東京都・港)とチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン(東京都・台東)は、時代のムードを味わえるチョコレート「あの頃は CHOCOLATE」を開発。11月1日には、東京・蔵前にある直営の店舗でメディア向けの先行試食会を実施した。

チョコレートの味は「1969 人類初の月面着陸味」「1987 魅惑のバブル絶頂味」など全部で5種類。価格は単品が1枚1620円、5種アソートボックスが3240円(税込)となっている。10月25日からダンデライオン・チョコレートのオンラインストアで予約を開始しており、12月21日から2019年2月14日の間に順次商品を受け渡す。

「チョコレートを味わうことによってあらゆる世代の方がその時代を思い出したり、想像したりすることができる体験を提供したかった」と語るのは、NECでAIエバンジェリストを務める茂木崇氏。本商品の開発にはNECのAI技術が活用されている。

「バブル崩壊」はどんな味? NECが時代を味わえるチョコレートを開発 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議
日本電気(NEC、東京都・港)とチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン(東京都・台東)は、時代のムードを味わえるチョコレート「あの頃は CHOCOLATE」を開発。

 

味わってみたい…(*´艸`)

コメント