【NBA】ウィザーズ・八村塁、開幕スタメンで大活躍

スポンサーリンク

スポンサーリンク

八村「ダブル・ダブル」達成=日本選手初のNBA開幕戦先発

スポンサーリンク

米プロバスケットボール協会(NBA)、ウィザーズの八村塁が23日、敵地ダラスでマーベリックスとの2019~20年シーズン開幕戦に先発出場し、約25分間のプレーで14得点、10リバウンドをマークした。得点とリバウンドがともに2桁に届く「ダブル・ダブル」を達成。ウィザーズは100-108で敗れた。

スポンサーリンク

日本選手では田臥勇太(現宇都宮)、グリズリーズと2ウェー契約を結ぶ渡辺雄太に続く3人目のNBAプレーヤーとなり、初の開幕戦先発出場。パワーフォワードとしてプレーし、第1クオーターの2分すぎに初得点を挙げると、その後も攻守で安定した働きを見せた。

スポンサーリンク

◇八村の略歴
八村 塁(はちむら・るい)富山・奥田中で本格的に競技を始め、宮城・明成高で全国高校選抜優勝大会(現全国高校選手権)3連覇。在学中に日本代表候補に選ばれた。16年に全米体育協会の強豪ゴンザガ大に入学。今年6月に米プロバスケットボール協会(NBA)のドラフト会議でウィザーズから1巡目(全体9位)指名を受けた。父はアフリカ西部の国ベナン出身。203センチ、102キロ。21歳。富山県出身。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102400214

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ディフェンスも良かったらしくて安心だわ😆😆😆

コメント