ナチス所有の金塊、売春宿から発見

スポンサーリンク

ナチス所有の金塊、売春宿から発見

スポンサーリンク

ナチスが所有していた2億ポンド(約310億円)に及ぶ金塊が以前ナチスの売春宿として使われていた建物内で発見された。シレジア橋財団のローマン・ファーマニアック氏は地中レーダーを使用し、ポーランドのヴロツワフにある19世紀に建設された宮殿の地下に金属の箱があることを発見、この宮殿は第二次世界大戦中にナチス親衛隊のための売春宿として使用されていた。

ナチスによる略奪品のそれらの金塊は、戦争が終わりを迎えるにあたって、ヨーロッパを掌握し続ける目的で親衛隊のトップ、ハインリヒ・ヒムラーの命令で回収されたと考えられてきた。

スポンサーリンク

「金属の密度は土とは異なり、より暗い色に見えていました。この金はナチス親衛隊のヴォン・シュタインという将校が隠していたのです。親衛隊はそれを使って、ウクライナでの農業を再び始め、新しい帝国を作る計画をしていました」とファーマニアック氏は語り、その箱と置かれた場所が、宝の地図と親衛隊の日記と一致していることを明かしていた。

ナチス所有の金塊、売春宿から発見 | BANG Showbiz Japanese
ナチスが所有していた2億ポンド(約310億円)に及ぶ金塊が以前ナチスの売春宿として使われていた建物内...
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

さあ次は我が国の徳川埋蔵金の出番だぞ😂😂😂

コメント