sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ナスDの現在、肌の色が元に戻った結果

   

ナスD、漂白剤入り洗剤でゴシゴシ 全身の染料取れ大喜び

テレビ朝日系の冒険バラエティー番組「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて 大アマゾンSP第3弾」(土曜・後6時30分)で、「ナスD」こと同局の友寄(ともより)隆英ディレクター(43)の真っ黒な肌が無事に戻る場面が放送された。

ナスDは5月2日放送で、タトゥーの原料として使われる果実「ウィト」を現地住民の「美容に良い」という言葉を信じて、全身に塗った。ところがこの染料は簡単には取れないもの。1時間後には皮膚が青くなり始め、しばらくすると全身が真っ黒になってしまった。その色が野菜のナスビに似ていたため「ナスD」との愛称がついた。

その後もしばらく、真っ黒なままで取材を続けていたが、この日の放送で現地の女性に少量の水に漂白剤と洗剤が入った液体をしみこませたタオルで拭いてもらった。すると、普通に洗っても取れなかった色がみるみる取れていった。さらには洗面器に顔面を突っ込み、顔もゴシゴシ。「長かった…」「正直、ちょっと寂しい…」と言いながらも、元の自分に戻れて大喜び。思わぬ展開に、番組MCの小峠英二(41)も驚いていた。

同番組は「豪華客船」「ドローン」「釣り」「部族」「ミステリー」の5つの視点で、U字工事やサンシャイン池崎、REINAら5組の冒険者たちがガチンコ取材する、リアル冒険バラエティー。友寄ディレクターは「部族」を担当している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000210-sph-ent

ヤラセがバレちゃったからね(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能