買った鯛を食べようと解体してみたら骨に大きな瘤が・・・← 実は勇者の証だった

買った鯛を食べようと解体してみたら骨に大きな瘤が・・・← 実は勇者の証だった

骨にある大きな瘤は、激流に揉まれて育った勇者の証

日本では非常に馴染みの深い魚で「魚の王」と呼ばれることもある魚『タイ』。刺身や、煮つけ、塩焼きとどんな様々に調理され、冠婚葬祭でも重要な位置づけをされています。

多くの人や良く知るこのタイですが、実はそのタイの中にはとても変わった骨を持つものもいるとしてTwitterで話題となっています。


Twitterアカウント名:じょにぃさん(@johnnie_bts)によって撮影され話題となっているこの画像。タイの骨とのことですが、一部に奇妙なごつごつとした瘤が……。

投稿者さんによるとこの膨らみは『鳴門骨』というもの。この鳴門骨は激流に揉まれて育ったタイが何度も疲労骨折を繰り返し形成される勇者の証であるとのことです。

なので、この骨を持つタイは激流に揉まれたことにより、身の引き締まったムキムキのタイであるため、非常に美味しいようです。

このタイの鳴門骨の写真にネット上では、
初めて知った「鳴門骨」、凄いわ。

かっこよすぎ

船釣りで鳴門海峡行かないと釣れんやつやん・・・・

これくらい強く生きていきたい
といったコメントが寄せられていました。

骨が疲労骨折するほどの環境で生きるなんて凄すぎる……。もし、この鳴門骨を見つけた際はタイに敬意を払って感謝しながら美味しくいただきたいですね。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています

 

>鯛の中でも凄まじい激流の中で生き抜き疲労骨折して尚頑張った選ばれし勇者の証

(´・∀・`)ヘー

コメント