【衝撃】奈良公園、シカによるけが人が過去最悪でとんでもない事に・・・外国人観光客も怪我

奈良公園 シカによるけが人今年度すでに200人超 過去最悪に

奈良市の奈良公園でシカに突き飛ばされるなどしてけがをした人が、今年度、すでに209人に上り、過去最悪となっていることが分かりました。
大けがをした8人のうち5人は外国人観光客だったということで、奈良県は鹿せんべいを与えるときなどに注意するよう呼びかけています。

奈良公園は国の天然記念物でもある野生のシカと触れ合える世界的に珍しい人気の観光地ですが、奈良県によりますと、今年度、シカに突き飛ばされるなどしてけがをした人は、先月末までに209人にのぼり、これまでで最も多かった昨年度1年間の186人をすでに超えて過去最悪だということです。

このうち8人は腰などを骨折する重傷で、うち5人が外国人観光客でした。

骨折した人は記録が残っている昨年度までの8年間で合わせて10人だったということで、今年度は特に多いということです。

また、大けがにつながる事故はシカの気性が荒くなる9月から11月の発情期に集中しているということです。

奈良県奈良公園室の北畑雄一郎室長補佐は「奈良のシカは人になれてはいるが鹿せんべいを与える時はじらしたりせず優しく接してほしい」と話しています。

パトロールを毎日行う
奈良県などは「奈良公園のシカ相談室」を設けて公園のパトロールを毎日行い、外国人観光客に翻訳機を使って注意を呼びかけています。

「奈良のシカ」は、ふだんはおとなしく、奈良公園のシンボルとして地元の人や観光客に親しまれていますが、鹿せんべいを与える際にじらしたり、与えるふりをして与えなかったりすると、怒って攻撃してくることもあります。

「相談室」では外国人観光客が被害に遭わないよう、去年12月に手のひらサイズの英語や中国語などの翻訳機を導入しました。

5日も、中国人観光客の幼い子どもが1人でシカに近寄り鹿せんべいを少しずつ与えてじらしているのを相談員が確認したため、翻訳機を使って「シカは野生動物で攻撃することがあります」と中国語で注意を呼びかけました。

「奈良公園のシカ相談室」の相談員、新井恵さんは「シカは接し方を間違えると人を攻撃することがあり、優しく接してほしい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805131000.html

 

sakamobi
sakamobi

事故はシカの気性が荒くなる9月から11月の発情期に集中してるらしい。鹿せんべいを与える際にじらしたり、与えるふりをして与えなかったりするのはやめましょう(;´Д`)

コメント