【悲報】初戦敗退した大坂なおみが会見退席…チチパスが指摘 「言い訳にはならないと思う」「フェデラーやナダルはプロフェッショナルだった」

チチパス 粘り見せるも敗退

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は1日、男子シングルス1回戦が行われ、第7シードのS・チチパス(ギリシャ)は世界ランク89位のT・ファビアーノ(イタリア)に4-6, 6-3, 4-6, 7-6 (10-8), 3-6のフルセットで敗れ、初戦で姿を消した。

この日、チチパスは第4セットでマッチポイントをしのぐ粘りを見せたが、3時間23分におよんだ激闘の末に敗退した。

同日の女子シングルス1回戦では第2シードの大坂なおみも世界ランク39位のY・プチンセワ(カザフスタン)に6-7 (4-7), 2-6のストレートで敗れ、初戦敗退。敗戦のショックを隠し切れなかった大坂は会見の途中で退席した。

記者から「彼女(大坂)は会見を最後までこなせなかった。彼女にとっていろんなことが早い段階で起きすぎていると思うか。また、あなた自身にも多くのことが起きすぎていると思うか。すごい早さで変わっていく物事に対応できるようするには、もう少し時間が必要か」と聞かれたチチパスは「言い訳にはならないと思う」と口にした。

続けて「数年前のR・ナダル(スペイン)やR・フェデラー(スイス)らは、自分のことに対してプロフェッショナルだった。彼らは、あの頃から安定していた」と述べた。

http://news.tennis365.net/news/smartphone/today/201907/124267.html

sakamobi
sakamobi

サーシャコーチとの契約解消から良くない流れになってるね。戻ってきてもらえないのかな😟😟😟

コメント