【悲報】大坂なおみ「もう私、あんた無しでやれるし」 → コーチ解雇 →世界67位に1回戦で惨敗

大坂なおみ 初戦敗退の波乱、世界67位にミス連発で完敗<ドバイ選手権>

女子テニスのドバイ・デューティフリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、プレミア)は19日、シングルス2回戦が行われ、第1シードの大坂なおみが世界ランク67位のK・ムラデノヴィック(フランス)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦で姿を消す波乱が起きた。

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった大坂はゲームカウント0-3とムラデノヴィックにリードを許すと、その後もミスを連発して第1セットを落とす。

第2セットに入っても大坂のミスは止まらず、第2ゲームでブレークされる。続く第3ゲームではフォアハンドのウィナーを決めるなどでブレークバックに成功したが、第6ゲームでダブルフォルトを犯すなど精彩を欠くと再びサービスゲームを落とす。以降も試合の流れを掴むことができず、まさかのストレート負けを喫した。

大坂はサーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消し、今大会に新体制で臨んでいた。今年は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目をあげると、世界ランキングでは1位へ上り詰めている。

一方、勝利したムラデノヴィック、3回戦で世界ランク26位のC・スアレス・ナバロ(スペイン)と対戦する。スアレス・ナバロは2回戦で同39位のザン・シュアイ(中国)をストレートで下しての勝ち上がり。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190220-00010001-tennisnet-spo

 

sakamobi
sakamobi

大坂なおみを救いたい…。
なおみ、、一緒にパチスロ打たないか?(`・ω・´)

コメント