スポンサーリンク

オーストラリアで活躍していたラグビー選手(28)が誕生日パーティの席で”度胸だめし”とナメクジを食った結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オーストラリアで活躍していたラグビー選手、サム・バラードさん(28)。
彼は誕生日パーティの席で”度胸だめし”としてナメクジを生食したのですが、
誰も予想だにしなかった壮絶すぎる闘病生活が待っていました。
今から8年前、誕生日パーティを盛り上げるため庭にいたナメクジを丸飲みしたサムさん。
しかしすぐに体調を崩したため病院に駆けつけたところ、広東住血線虫と呼ばれる寄生虫
に感染していたことが判明。これによりサムさんは好酸球性髄膜脳炎を惹起し、420日間もの昏睡状態に陥ったのでした。
退院できたのはその事件から3年後のこと。ただ今でも食事はチューブを通してしか摂取
できず、発作や体温調節ができない症状に苦しめられています。

New fight for Sam Ballard, severely disabled from eating garden slug
IN 2010 at a mate’s party, strapping 19-year-old rugby player Sam Ballard swallowed a garden slug as a dare.

 

こわっ(;・∀・)

スポンサーリンク
ニュースネット健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sakamobiをフォローする
スポンサーリンク
sakamobi.com

コメント