オリラジ中田「松本人志らテレビ芸人はyoutuberには勝てない。youtuberの方がタレントより稼いでいる」

オリラジ中田が語る!「だから若手芸人はYoutuberに勝てない」

毎週水曜日午後6時から放送のニッポン放送「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」。2時間半にわたる“本音”トークの中から、allnightnippon.com編集部が厳選した内容を、中田敦彦の“熱い語り”そのままに、毎週お届けする。

オリラジ中田が語る!「だから若手芸人はYoutuberに勝てない」

「オリエンタルラジオ 中田敦彦のオールナイトニッポンPremium」今週の“中田論” 第11回(12月12日放送分)
リスナーから「キャッシュレス化が進むことについて」ギトギトの長文メールをいただいたわけですが、僕はあらゆる一般の人にキャッシュレス化が進むと僕は思っています。国自体がそれを進めようと思っていて発表しているんですよね。なんせ中国でキャッシュレス化が徹底されていて、それは貧富の差というよりも一般市民に広く浸透している。スマホを持っていたらほとんどそれで支払いが出来ちゃう。アリペイ(中国最大級のキャッシュレス決済システム)とかが出来ちゃっているってことなので、富裕層向けのサービスとしての浸透しかないとそれはキャッシュレス化の失敗ですから。広く遍くあらゆる階層にキャッシュレス化が進んで、初めて社会がキャッシュレス化すると思うので僕はメールをくれた方の考えよりは広い層に広がるかなという風に思っています。

最近NewsPicks(ニュースサイト)で聞いた情報なんだけど、へえーって思ったのは「日本はなんでキャッシュレス化が遅れてるのか」って話。偉い人から分かりやすく説明があったんですよ。何かっていうと実はね、有る時代に先端的なところまで行った人ほど遅れを取るって話で。簡単に言うと日本は銀行システムがむっちゃ発達したんですよ。ATMね。ATMがなんでこんなに普及したか? 治安いいからですよ。さらに技術が進んでいたんですよ。それによって全国で色んな人が簡単に現金を安全に引き出せるようになったわけでしょ? 普通だったら「あの中に現金あるぞ!」ってなって、スラム街だったらボコボコにされてバコンと開けられて現金強奪みたいなね。そういうことにならなかったわけですよ。

全国遍くコンビニエンスストアがあり、その中にはATMがあり、全国に小さい銀行が出来たわけじゃないですか。ただそこ遍くみなさんが手にしていたのがキャッシュだったってことなんですよね。現金が手に入りやすい国としてあまりにも先端に行き過ぎたために現金が普及しすぎて、電子マネーを普及させなきゃって飢餓感が薄れたんですよ。

それプラス、決済の規制法が強かった。日本は銀行を保護してたんだよね。誰でもかれでも簡単に決済サービスを作れるような仕組みにしてなかった。技術が進んでいて治安が良かったことによって銀行システムが進んだ、ATMが普及したということと、国が銀行を保護して決済システムを広く遍く色んな人が作れるようにしなかったということが日本をキャッシュレス化から大きく遅らせたらしいんですね。それは日本が進んでたからこそ遅れている。逆に中国っていうのは現金に対する信頼が薄かったんですね。偽造紙幣が多かったこととATMが普及しなかった。銀行を保護しきれなかったことで、アリババという日本で言う楽天やAmazonみたいな企業が社会的インフラを整えてしまった。決済サービスを普及させることが出来たし、それをみんながドンドン使うようになったということ。

技術的に遅れていたところがイノベーションに対して先に興味を持つことで先進的なエリアを追い越すことをカエル跳び現象=リープフロッグっていうんだって。面白いよね。リープフロッグっていうの。これさ色んな業界で言えるんすよ。

だから言ってみればね、俺らよりもYoutuberとかの方が映像の編集とかうまいんですよ。多分、同じ世代の若い芸人とYoutuberだったら、コンテンツを作る頻度も速度もクオリティもYoutuberに勝てないと思ったね。それはもちろん俺らもよ。なんでかって言うと、TVっていうメディアに慣れすぎてTVにフィットするように俺たちは生きてきたわけよ。そこで勝ってきたわけじゃないですか。オリラジとかTVで食えてるわけじゃないですか。だからこそ、Youtubeで勝てないね。映像を自分で編集して企画を自分で立てて毎日コンテンツを作るっていう世界にはなかなか乗り切れないんですよ。

キングコングの梶原さんとか頑張ってるよ。だけどあれはそういう企画にしてるし、端から下から入っているのがすごいよね。負けを認めた上で大物Youtuberとコラボしてチャンネル登録者数を増やしてもらうっていう。でも多くのタレントはYoutuberより自分達の方が上にいる、社会的には成功していると思っている人のほうが多いと思う。だからリープフロッグをガンガンかまされてるんすよ。多分、年収でいうとタレントをガンガン抜いてるYoutuberはいっぱいいるわけでしょ。社会的影響力をドンドン獲得しているわけでしょ。これは正にリープフロッグなわけですよ。

それで言うと僕らは反省して、キャッシュレス化に舵を切らなきゃいけないなと思うし。リープフロッグってMicrosoftもそうだったらしいすからね。要するにパソコンの世界でMicrosoftって天下を取ったんですよ。だからスマホで勝てなかった。GoogleとかAppleとかに勝ててないわけですよ。Microsoft発のスマホが惨敗したっていうのは、Microsoftがパソコンで一強だったかららしいんですよ。でもMicrosoftが今逆襲をかけていて、スマホ時代の次を狙って作戦を立ててるんだって。面白いよね。負けを認めたら次の時代で勝てるかもしれないよ。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

これは本当に正論。Youtubeにかぎらず“リープフロッグ”はあらゆる分野で起こっている。

コメント