10代少女が慈恵病院で日本初の「内密出産」 母親は去り、子供が一定の年齢になった時に明かされる

スポンサーリンク

独自 熊本市の慈恵病院で国内初の内密出産か【熊本】

スポンサーリンク

赤ちゃんポストを運用している熊本市の慈恵病院で相談員のみに身元を明かし病院で匿名で出産できる「内密出産」が行われた可能性があることがわかった。

国内初のケースとみられる。

慈恵病院は3年前、危険な孤立出産を減らすため相談員1人だけに身元を明かし匿名で出産ができる内密出産を導入した。

スポンサーリンク

関係者によると今回、内密出産の可能性があるのは、西日本に住む10代の女性で名前や住所など個人情報を明かさないまま12月、仮名で出産したという。

その後、病院は赤ちゃんのために産みの親の情報を残してほしいと説得を続け、女性は病院の相談員1人だけに名前などの個人情報を明かした。

身元が確認できる書類は病院が保管し、子どもが一定の年齢になれば閲覧することができる。

スポンサーリンク

一方、病院は母親と連絡を取り続け、赤ちゃんをどうするのか今後の選択肢を一緒に考えていくとしている。

ドイツで法制化されている内密出産は日本では前例がなく国内では初めてのケースになる可能性がある。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

子供の為を思うなら母親は死んだ事にしといたれよ😰😰😰

コメント