名古屋城のエレベーター問題、遂に人権問題に…障害者団体が日本弁護士連合会に人権救済を申し立て「天守閣にエレベーターがない名古屋城は有害なシンボル」

名古屋城天守閣の木造復元で、新天守閣へのエレベーター設置を求めている障害者団体が7日、日本弁護士連合会に人権救済を申し立てたと発表した。

名古屋市は新天守閣にエレベーターを設置せず、二足歩行ロボットなど新技術の開発でバリアフリー対策を講じると決めている。同団体は新技術について「実現する保証は何らない」と主張。国連の障害者権利条約や障害者差別解消法に違反し、「共生社会の実現を目指す世界の潮流に反した有害なシンボルを建てるものでしかない」と批判している。

日弁連は申し立てを受けて人権侵害に当たるかどうか調査し、警告などの必要な措置を取る。措置に法的強制力はないが、公的機関の見解を引き出すなど一定の影響力がある。

https://news.nifty.com/article/domestic/headline/12159-0107m040218/

 

障害者団体が障害者をダシに使ってタカり行為をしてるだけ。お前らが担いで登れ!(#・∀・)

コメント