sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【朗報】「東京を超えた!」JR名古屋駅が超進化する

   

【朗報】「東京を超えた!」JR名古屋駅が超進化する

JR名古屋駅の「進化」は東京・大阪駅を超えた

近年は駅を再開発して高層ビル化する例が相次いでいる。東京駅、大阪駅といった日本を代表するターミナル駅も例外ではない。JR東京駅の丸の内口側は駅舎が創建当時の姿に復原され観光客の訪問が絶えないが、八重洲口側には43階建てのグラントウキョウノースタワー、42階建てのグラントウキョウサウスタワーがそびえ立つ。JR大阪駅はプラットホームを巨大な大屋根が覆い、駅の南北にそれぞれ27階建て、28階建ての高層ビルが立つ。

ところが、JR名古屋駅のスケールはそのはるか上をいく。JRセントラルタワーズという53階建てと51階建ての超高層ビルを擁し、さらに駅直結の46階建てのJRゲートタワーが今年4月、新たに全面開業した。超高層ビルが3本もそびえ立つ姿は、東京駅や大阪駅とはまったく違う。

これらのビルは巨額の収益を生み出す。「連結子会社の売上高を単純計算すると2015年度は5696億円。これを底支えしているのがセントラルタワーズ」(JR東海<東海旅客鉄道>の柘植康英社長)。JR東海というと新幹線で稼いでいる会社という印象が強いが、鉄道以外からもかなりのキャッシュがもたらされている。

■百貨店は地域一番店に

「ついにこの日が来たか」――。今年5月、名古屋圏の百貨店売上高で長年トップの座を守ってきた栄地区が2位に陥落、代わって2位だった名駅地区がトップに躍り出た。名古屋圏の商業エリアの主役が交代した瞬間だ。

名古屋の繁華街といえば、長年にわたって栄地区が代表格だった。三越や松坂屋、パルコ、そして地元の丸栄が競って集客を行い、大規模な地下街も人であふれていた。

一方の名駅地区はJR名古屋駅を中心としたエリア。1993年まで使われていた旧名古屋駅は、JR東京駅を超える「東洋一の駅」とうたわれるほどの威容を誇っていた。ただ、商業施設の集積という点では、名鉄百貨店などの百貨店があるものの、栄に次ぐ2番手の地位に甘んじていた。

しかし名古屋駅の再開発に伴い2000年に駅の真上に「ジェイアール名古屋タカシマヤ(高島屋)」が開業すると、客が少しずつ名駅地区に流れ始めた。2011年3月、高島屋は栄の松坂屋名古屋店を抜き去り、名古屋地域の百貨店で単月売り上げトップを獲得。2015年には年間売上高でもトップに立ち、名古屋ナンバーワン百貨店の座を確固たるものとした。そして今年5月、エリア全体の百貨店売上高でも名駅が栄を抜き去ったのだ。

 名駅地区で5月の売り上げが押し上げられたのは、4月に名古屋駅直結のタカシマヤゲートタワーモールが開設された効果が大きい。百貨店とモールを合わせると、「百貨店単館だった前年同月との比較で、入店客数が約1.7倍に伸びている」(JR東海)という。

当のJR東海もここまでの成功は予想していなかった。1990年にJR東海が名古屋駅を再開発して高層ビル化する計画を決めた際、高島屋ではなく松坂屋が入居する予定だった。

 松坂屋は当時、栄に加え現在ゲートタワーがある場所でも松坂屋名古屋駅店を営業していた(2010年に閉店)。にもかかわらず松坂屋が出店を決めた理由は「他地域の百貨店が出店して客を奪われたら大変だ」という判断が働いたためだ。折しもバブル景気がピークを迎えた頃である。あるいは、「名古屋駅に2店出店しても大丈夫」と甘く考えていたのかもしれない。

しかし、その後バブル崩壊に伴い松坂屋の業績は急速に悪化、投資負担の大きい名古屋駅出店を1994年に断念した。JR東海は松坂屋に代わる百貨店探しに追われた。高島屋が新たなパートナーに決まったのは1996年のことである。

■近隣県から名古屋に買い物にやってくる

高島屋開業初年度の売上高は608億円。それが2014年度には1300億円を突破、14年間で倍増した。一般的に百貨店は、ショッピングモールやネット販売などの新業態に押され、ビジネスモデルとしては陳腐化しつつある。なぜ、ここまで業績を伸ばすことができたのか。

駅直結だから成功したという見方もあるが、それは数ある要因の1つにすぎない。駅直結でも成功していない例はある。たとえばJR大阪駅は大規模開発に際して三越伊勢丹が出店したが、売り上げ不振で店舗面積の縮小に追い込まれている。

「新幹線乗降客に加え、岐阜や三重といった近隣の県から名古屋に買い物に来る人が増えたことが要因の1つ」と、JR東海の担当者は言う。確かに近隣県の買い物客にとっては、わざわざ名古屋で地下鉄に乗り換えて栄の百貨店に行くのはおっくうかもしれない。名古屋駅の真上にあるデパートで買い物ができるなら、それに越したことはない。

では、近隣県からの流入はどのくらいあったのだろうか。2002年ごろには1日平均17万人程度だったJR名古屋駅の平均乗車人員は2015年度には20万人になった。確かに増えているが、高島屋の売り上げの伸びに比べれば小さい。

 注目したいのが、高島屋の入店客数の推移である。こちらは倍増どころか開業以来ほとんど横ばいなのだ。つまり、売り上げ増の理由は1人当たり購入額が上昇したからということになる。

JR東海は「積極的に売り場の改装や催事を行うことで、新鮮味を保ち、話題づくりにも力を入れている」と説明している。一例が、「売り上げ日本一」と称されるバレンタイン商戦だ。ここでしか買えない限定商品がずらりと並び、多くの買い物客が開店前から列を作る。今や冬の風物詩だ。こうした施策を矢継ぎ早に行うことが、1人当たり購入額の増加につながっているといえる。

 高島屋のショッピングモールが入居するゲートタワーには、「名古屋JRゲートタワーホテル」も4月に開業した。名古屋駅直結のホテルとしては、高級タイプの「名古屋マリオットアソシアホテル」がすでに開業しているが、今般開業したホテルはより手頃な価格に設定されている。ビジネスパーソンの出張にも使えるし、ファミリー向けの部屋もある。

駅側の部屋を希望すれば、窓から名古屋駅のホームを見下ろすことができる。現在は深夜の時間帯に名古屋駅でリニア中央新幹線の工事が行われているので、運がよければその様子をホテルから見ることもできる。

 オフィス、百貨店、ショッピングモール、そして2つのホテル。駅をここまで大規模に改造したのはJR各社の中ではJR東海くらいだ。JR東海はほかのJRと比べて不動産開発の可能な土地が少ない。その中で名古屋駅は数少ない金の卵を生むガチョウだった。他社以上に開発に力を入れたのは必然だったかもしれない。

■名古屋駅はギネス「世界一」に

名古屋駅の向かい側には、「大名古屋ビルヂング」という2015年竣工の高層ビルが立っている。名前に“大”がついているのが不思議だが、同ビルのHPには、同じ名前の旧ビルが1965年に竣工した際に、「躍動を続ける大名古屋市」にちなんで命名されたとの説明がある。名古屋をさらに大きく発展させたいという先人たちの思いが込められているのだろう。

 名古屋市の人口は231万人。横浜市に抜かれ、日本の都市では4番目になってしまった。人口196万人で現在も北海道全域からの移住が続く札幌市が背後に迫る。

名古屋は市の規模では東京や大阪に見劣りするが、名古屋駅は、旧駅の”東洋一“どころか、2002年には「世界最大の駅ビル」としてギネスブックに認定され、世界レベルの駅になった(現在は抹消)。2027年には隣りにある名古屋鉄道の名古屋駅も全長400メートルという壁のような巨大な駅ビルに生まれ変わる。

 東京駅や大阪駅を凌駕する名古屋駅の威容は、先人が夢見た「大ナゴヤ」を具現化したものともいえるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00177718-toyo-bus_all&p=1

スゲ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット