名古屋市「公衆トイレのトイレットペーパーって必要ですか?」

私たちの生活に欠かすことができないトイレットペーパー。いま、これをめぐって名古屋市で“ある”議論が行われています。

「名古屋市内にあるこちらのトイレ、中をのぞいてみるとトイレットペーパーはありません。ペーパーホルダーもありません」(横井一輝 記者)

実は名古屋市では、東山動植物園などの、有料施設を除いた約600の公園のトイレで、トイレットペーパーは設置されていません。

いま名古屋市で議論されているのは、公園のトイレへのトイレットペーパーの設置が、市民のためだけでなく、観光面でのプラスの効果があるのではないかというものです。

「名古屋の魅力をさらに上げる、訪日外国人や観光客に『名古屋に訪れてよかったね』と思ってもらえるには、おもてなしの精神があり、公園の中にトイレットペーパーがあったほうが喜ばれるのではないか」(名古屋市 松井良憲 市議)

トイレットペーパーが、名古屋のおもてなしの一つにならないのか。名古屋は2年連続、魅力がないまちと評価されており、オリンピック開催を控える今、「公園のトイレにトイレットペーパーを常設して、観光客の印象を良くしてみては」という議論が起きているのです。

実は名古屋市では、過去にトイレットペーパーの設置を試みたことがあるのですが、費用や利用者のマナーの問題で、うまくいかなかった経験がありました。

「ロールごと便器に突っ込まれていたとか、ごっそりなくなっていたことがあった」(名古屋市緑政土木局 緑地維持課 下総勝義 係長)

トイレットペーパーを設置すると1棟につき、年間3万円の維持費がかかるとされる公園のトイレ。設置すると単純計算で推計年間約2500万円がかかることになります。

こうした費用の問題と、利用者によるいたずらや盗難などの経験から、これまでトイレットペーパーの設置に踏み切ることができなかったといいます。

街の人の意見も様々です。

「税金が使われるというのと(トイレットペーパーを)置くことに関して、名古屋の魅力向上のメリットにつながらない」(名古屋市民)
「あったほうがサービスとしてはいい。とにかく(魅力ない街を)ドベを脱出したい」(名古屋市民)

名古屋の魅力向上という一方で、税金を使うとなると躊躇する意見が聞かれました。

実は、すでにトイレットペーパーの設置を始めている町があります。名古屋市と同じ政令市でありながら、観光集客で圧倒する北海道札幌市です。「大通公園は、札幌を代表する公園。利便性を高める必要がある」として、今年7月から公園の5か所のトイレにトイレットペーパーを設置しました。

また大阪市でも、2010年ごろから、195か所のトイレの大半にトイレットペーパを設置しているのです。

トイレットペーパーの設置が、観光下手とされる、名古屋を救う救世主となりうるのか。議論は続きます。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

イザというとき無いと困るよなぁ…(;´Д`)

コメント