sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

批判に不満を表した長友佑都のツイッターが炎上

   

批判に不満を表した長友佑都のツイッターが炎上


批判に不満を表した長友佑都のツイッターが炎上

「チケット代を払った6万人にそれを言えるか?」 批判に不満を表した長友のツイッターが炎上

「黙れ」、「出ていけ」…インテル・サポーターが激怒。

 インテルに所属する日本代表DFの長友佑都が、自身のミスに対する批判にツイッターで言及した。しかし、前を向こうとする背番号55への、サポーターの反応は厳しいようだ。

長友は現地時間4月30日のナポリ戦(セリエA34節)で、前半終了間際にクロスボールの処理を誤り、スペイン代表FWのホセ・マリア・カジェホンの先制点を許した。チームはそのまま0-1と敗戦。6試合続けて勝利から遠ざかっており、7位のインテルは、来シーズンは欧州カップ戦出場が危ぶまれている。

当然、長友のミスは批判の的となった。現地メディアはこぞってチーム最低点をつけ、サポーターはネットで罵詈雑言のオンパレード。そんな状況に、長友は苛立ちを隠せなかったのだろう。

5月2日、長友は自身のツイッター上で、「イタリアでは、良ければ神様かのように称賛され、悪ければ犯罪者かのように批判、罵倒される。そこに人としてのモラル、リスペクトはない」と不満を表した。

「限られた人しか経験できないこの厳しい環境で、仕事ができることに誇りを感じる」ともつけ加えたが、批判の集中砲火に対する不快感を漏らしたことは確かだ。

実際、ナポリ戦の黒星は長友ひとりの責任ではないとの意見もある。元インテルDFのファビオ・ガランテも同日、イタリア・メディア『tuttomercatoweb』で、「ミスをしてチームが0-1で負ければ、常に“犯人”を探すものだ。インテルが2-1で勝っていれば、彼のミスはこれほど注目されなかっただろう。試合を見たが、決定的なエピソードではあったものの、敗戦の責任は長友だけじゃない」と述べている。

後押しする声があることも、長友は理解しているはずだ。だからこそ、「ここに来て7年。全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」と、今回のミスと批判を糧にし、今後に活かしたいとつぶやきを締めくくったに違いない。

しかし、インテルのサポーターたちは、長友への怒りを抑えられないようだ。

国内の主要メディアが長友の投稿を紹介すると、ツイートにはこれまで以上に多くのコメントが寄せられた。その多くが、「出ていけ」、「黙れ」という厳しい意見ばかりだった。

また穏やかな姿勢のサポーターですらも、「君が言うことも分かるし、完全に同意するけど、ずっと勝っていないサポーターのことも分かろうとしてほしい」、「チケット代を払った6万人の観客にそれを言えるか。ミスをするのは人間だから当たり前だが、黙っているのもひとつの才能だぞ」と苦言を呈している。

また、日本語でツイートしたことも、一部サポーターの怒りを増幅させたようだ。昨年の契約延長会見で日本の報道陣との質疑応答中に日本語を忘れ、イタリア語で回答したほどの長友。それだけに今回のツイートには、「7年もいるんだからイタリア語で言え」と批判を浴びた。

もちろん、長友に理解を示すサポーターも散見される。だが、そういったファンからも、「お別れの時だ」など、今シーズン終了後の退団を希望する声が寄せられている。

インテルとの契約は2019年6月までだが、長友は今夏のマーケットで放出候補とされている。当人が言うように「全てが自分の大きな財産となって未来へ繋がる」としても、その「未来」は、インテルとは違うところにあるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170503-00025287-sdigestw-socc

インテルとの契約は2019年6月までだが長友は今夏のマーケットで放出濃厚とも…こういったストレスもあるんだろうね(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, スポーツ, ニュース, ネット