【朗報】長澤まさみと橋本環奈、半同棲状態

スポンサーリンク

「長澤会」が大躍進 東出昌大かばった“男気”に心酔する女優が続々加入

スポンサーリンク

今、芸能界の女優派閥に大きな変化が起きている。これまで沢尻エリカ(34)をトップとする「沢尻会」が最も有名で勢力を誇っているとされていたが、昨年の薬物事件以降、会は事実上解散に追い込まれた。

スポンサーリンク

「一時は沢尻会に入ることが若手の女性タレントにとってステータスと言われていました。ところが、あの事件以来、公の場で沢尻さんの名前を口にすることすらはばかれるような雰囲気になっています」(芸能関係者)

薬物事件て失速した沢尻に代わって、今、芸能界で勢いづいているのが有志が長澤まさみ(33)を囲む「長澤会」である。この数年で彼女の映画が次々にヒットしたことで人が集まった。

スポンサーリンク

木村拓哉(47)と共演した映画「マスカレード・ホテル」は、ネガティブな下馬評を見事に覆して46億円を超えるスマッシュヒットとなった。映画俳優としてのキムタクの評価が一変したのは、長澤の存在が少なからず影響したといえる。

その3カ月後に公開された映画「キングダム」も爆発的ヒットを記録し、57億円を超える興収成績を残している。

長澤の快進撃はこれだけではない。この2作品に続く「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」もヒットし、こちらも興収は30億円に迫る数字を残した。こうした活躍が評価され、長澤は映画祭で賞を総なめにした。

スポンサーリンク

メンバーは橋本環奈、上白石姉妹…
この長澤の目覚ましい活躍で目の色が変わったのが、最前線で活躍する今を時めく若手女優たちだ。「キングダム」で共演して以来、長澤を“実姉”と慕う橋本環奈(21)を筆頭に、この橋本の大親友の上白石萌歌(20)、上白石萌音(22)、浜辺美波(19)、恒松祐里(21)、若月佑美(26)たちが続々と長澤の元に集結。今や長澤は若手女優の憧れであり目標となっている。

スポンサーリンク

「ともにお酒が好きという趣味が合うのでしょう。橋本さんはスケジュールが空くとほぼ長澤のマンションで過ごしていると聞いています。おつまみ作りは長澤が担当。ガンガン酒を煽る橋本を横目に、せっせと料理作りに励んでいるようです。橋本が頻繁に遊びに来るようになったおかげで、長澤は親しい友人たちに『これじゃおちおちボーイフレンドも呼べやしない!』と笑いながら漏らしているそうです」(芸能関係者)

スポンサーリンク

姉御肌の長澤にとっては嬉しい悲鳴なのだろう。橋本ら若手女優を前にすると、長澤は女優としての自身の経験談に限らず、後輩たちの仕事上の悩みや恋愛相談まで親身になって助言してあげるそうだ。また長澤の“男気”も、長澤会に人を引き寄せる大きな理由となっている。

スポンサーリンク

今年1月に東出昌大(32)の不倫騒動が発覚した際、「コンフィデンスマン」続編の降板を口にするスタッフに向かって長澤は、「東出君が出ないのなら私も降板する」と楯になってあげたそうだ。自らの体を張って芯の強さを見せたことで、さらに後輩たちが一目置くようになったという。

スポンサーリンク

「一連の女優派閥の動きを見ていて興味深いのは、かつて沢尻会の主要メンバーだった池田エライザや広瀬アリスといった面々がいつの間にか長澤会に加入したことです。芸能界は“長い物には巻かれろ”の世界ですからね(笑い)」(映画関係者)

現在は薬物治療に専念しているといわれる沢尻エリカが完全復活したら、旧“沢尻会”のメンバーたちはどんな動きを見せるのだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7aa9e6b4bccca9187a6b180d1fd6e101df10a122

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

あら^~

コメント