日本電産会長「600kmも1000kmも走る電気自動車を誰が買うのか。100km程度走れれば十分」

スポンサーリンク

日本電産の永守会長「EVの航続距離は100kmで十分」

スポンサーリンク

「600kmも1000kmも走る電気自動車(EV)を誰が買うのか。1日で100km程度走れれば十分だ」――。日本電産会長の永守重信氏が、EVにおける航続距離の競争や、それに伴いEVの価格が高くなっていることに苦言を呈した。同社が2022年6月17日に開いた株主総会で発言した。

現在、世界の主要自動車メーカーが販売する量産EVは、大容量のリチウムイオン電池を搭載し、長距離走行に耐えうる航続距離を確保しているのが主流だ。EVでは電池が車両コストの3~4割を占めるとされ、電池容量の増加は価格上昇に直結する。

スポンサーリンク

日本でもSUVタイプのEVが続々
テスラ「モデルY」日本で受注開始、トヨタ・アウディと同価格帯

永守氏は「車両価格は200万~300万円でも高い」と主張する。中国・上汽通用五菱汽車が同国で約50万円で販売し、大ヒットした格安EV「宏光MINI EV」を例に挙げ「EVは安く造れる」(同氏)と強調した。

日本電産社長の関潤氏は「金銭的に余裕があるユーザーは、充電などの不便さを嫌がる。今は、自動車メーカーがこうしたユーザーに向けてEVを造っているから、価格が高い」と分析する(図3)。そのうえで、関氏は「日常的なクルマ使いにおいて、9割以上のユーザーの平均運転距離が30km未満」とのデータを示し、今後は「航続距離が短くても、価格の安いEVを欲しがるユーザーが出てくる」と見通しを語った。

スポンサーリンク

日本市場では、日産自動車と三菱自動車が2022年6月16日に軽自動車タイプのEVを発売したばかり。両社ともに販売計画を上回る受注を獲得し、好調な滑り出しを見せている。同EVは国の補助金(55万円)を利用すると、200万円以下から購入できる。

日本電産の永守会長「EVの航続距離は100kmで十分」
 「600kmも1000kmも走る電気自動車(EV)を誰が買うのか。1日で100km程度走れれば十分だ」――。日本電産会長の永守重信氏が、EVにおける航続距離の競争や、それに伴いEVの価格が高くなっていることに苦言を呈した。同社が2022年6月17日に開いた株主総会で発言した。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

老害そのものやな😩😩😩

コメント