国税庁の委託したマイナンバー記載された源泉徴収票など69万件再委託されてしまう…業者は契約解除、入札資格停止

データ入力、無断で丸投げ=69万件、マイナンバー記載分も-国税庁

国税庁は14日、源泉徴収票などのデータ入力を委託した会社が、国内の別の業者に無断で再委託していたと発表した。再委託されたのは約69万件分で、うち少なくとも約55万人分のマイナンバー(社会保障と税の共通番号)が記載されていた可能性がある。現段階では、再委託先からの漏えいは確認されていないという。
同庁によると、問題があったのはシステム開発会社「システムズ・デザイン」(東京都杉並区)。2017年度から源泉徴収票など約138万件のデータ入力を受注していたが、業務量が増えたことから、東京、大阪両国税局の発注分を国内の3業者に再委託したという。また、作業見本として源泉徴収票など134件の画像を各社のパソコンで保管していた。
国税局が11月に行った定期監査で発覚。既に契約を解除しており、入札参加資格も停止する。

時事ドットコム

 

新制度作って色々まとめて簡略化するよ!
→色々増えて色々まとまって流出するよ!

結局これだもんな(;´Д`)

コメント