sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

虫歯治療の2歳女児死亡 死因は麻酔薬中毒による低酸素脳症か 誤って麻酔薬が血管に投与された可能も

   

虫歯治療の2歳女児死亡 死因は麻酔薬中毒による低酸素脳症か 誤って麻酔薬が血管に投与された可能も

虫歯治療の2歳女児死亡 死因は麻酔薬中毒による低酸素脳症か 業務上過失致死の疑いも 福岡県

福岡県内の小児歯科医院で去年、2歳の女の子が治療後死亡した問題です。

死因は麻酔薬の中毒による低酸素脳症とみられることがわかりました。

去年7月、当時2歳だった山口叶愛(のあ)ちゃんは、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使った虫歯の治療をうけた2日後に死亡しました。

関係者によりますと、警察の司法解剖の結果、叶愛ちゃんの死因は「急性リドカイン中毒による低酸素脳症」とみられることがわかりました。

リドカインは麻酔薬の成分で、血中の濃度が高くなると、けいれんや意識消失などの中毒症状を引き起こし、最悪、死に至る場合もあるということです。

警察は、誤って血管に麻酔薬が投与された可能性もあるとみて、業務上過失致死の疑いも視野に捜査しています。

小児歯科医院の弁護士事務所は「担当者が不在のため、回答できない」としています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000003-tncv-l40

よく知らないけど2歳幼児の虫歯治療に麻酔なんて使うもんなの?危険すぎない?(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康