学校の歯科検診で虫歯が見つかったのに医者に連れて行かない親が増えてるらしい

学校の歯科検診で虫歯が見つかったのに医者に連れて行かない親が増えてるらしい

虫歯見つかった小学生 半数以上がその後受診せず

小学校の歯科検診で虫歯などが見つかった子どもの半数以上がその後も歯科医院を受診していなかったことが、医師で作る団体の調査でわかりました。貧困や親の無関心が大きな理由となっていて、医師の団体は「子どもが必要な治療を受けられるよう学校や行政は対応を検討すべきだ」としています。

全国保険医団体連合会では、去年までの6年間に21の都府県の小学校を対象に歯科検診についての調査を実施し3300校余りから回答を得ました。

それによりますと、学校の検診で虫歯などが見つかり治療が必要と診断された子どものうち、その後も歯科医院を受診していない子どもは52%と半数を超えました。

また、調査に応じた小学校のおよそ4割は、虫歯が10本以上あるなど食べ物をかむのが難しい状態まで悪化した子どもがいると回答しています。

多くの学校は治療を受けない子どもがいる理由に「経済的な問題」や「親の関心の低さ」を挙げていて、虫歯が全くない子どもと何本もある子どもとの二極化が進んでいると答えた学校もあります。

全国保険医団体連合会では「虫歯が見つかっても治療を受けなければ、せっかくの学校検診が役に立たない。子どもたちが必要な治療を受けられるよう、学校や行政は対応を検討すべきだ」と話しています。

エラー|NHK NEWS WEB

 

>貧困や親の無関心が大きな理由

悲しいね。しかも貧困家庭の子供ほど(予防教育がされず)虫歯が多いというのだから尚更やね(;´Д`)

コメント