【画像】藤井聡太の姉弟子がガチで陰好み【室田伊緒】

室田 伊緒(むろた いお、1989年5月24日 – )は、日本将棋連盟(関西本部)所属の女流棋士。女流棋士番号は35。愛知県春日井市出身。杉本昌隆七段門下。愛知県立春日井南高等学校を経て、愛知淑徳大学を2012年3月に卒業。

日本将棋連盟棋士会副会長(2015年6月 – 2017年5月)。

将棋を始めたのは11歳のとき。弟の影響を受けて将棋を始めたという。 2004年には第36回女流アマ名人戦に優勝。同年の第42期赤旗名人戦にも出場し、男性トップアマを相手に本戦トーナメント入りし、準々決勝で吉田正和に敗れた。同棋戦の女性の本戦入りは大会史上初。 2004年後期、女流育成会に入会。翌2005年10月、制度上最短となる1年(2期)で育成会を抜け、2005年10月1日付で女流2級としてプロ入り。 第17期女流王位戦で予選を勝ち抜き、本戦リーグ入りを果たす(第17期女流王位戦の予選は2005年度に行われ、本戦リーグ戦は、年度をまたいだ2006年度に行われた)。女流2級から女流1級への昇級規定「女流王位戦でリーグ入り」を満たし、プロ入りから半年後の、2006年4月1日付で女流1級に昇級。 2007年度(2007年4月から2008年3月)に、女流初段への昇段規定「女流1級で指し分け以上(7勝以上)」を満たし、2008年4月1日付で女流初段に昇段。 2014年9月10日に、第26期女流王位戦予選で船戸陽子女流二段に勝利し、女流初段昇段後60勝となり、女流二段に昇段。

引用:wiki

 

sakamobi
sakamobi

ガチ好みだった(*´ω`*)

コメント