【大量画像】20世紀の半ば、飛行機の機内食はこんなにもゴージャスだった

今から半世紀前の飛行機の機内食、現代では考えられないほど豪華な食事がサーブされていました。詳細は以下から。

リンドバーグが大西洋を単独・無着陸で横断した1927年、そしてパンナム(パンアメリカン航空)が運行を開始した1929年。飛行機が世界を駆け巡る手段として民間人の前に開かれてからまだ100年も経っていません。

気がつけば海外旅行も当たり前の世の中が訪れていましたが、それに至るまで飛行機での旅行はなかなか手の届かない豪華な旅行手段でした。そして、そんな時代の飛行機の中で出された機内食は、現代ではファーストクラスでもなかなか考えられないほどに優雅でゴージャスなものだったのです。

ノルウェーを拠点とするスカンジナビア航空は創設70周年を記念して、同社のフライトに関する多くの写真を公開しています。そこでは創設直後の1950年代から80年代に至る機内食の数々を振り返ることができます。

現代のパック入りの機内食との違いに愕然としますが、大量輸送の手段として合理化された21世紀の飛行機とはコンセプトそのものが違ったということでしょうか。

When Airplane Food Was First Class: A Mouthwatering Look at What In-Flight Meals Used to Be Like in the Golden Age of Flying
Have you ever had any complaints about the meals served up to you during a long-haul flight? They are admittedly not the same as they were b...
20世紀の半ば、飛行機の機内食はこんなにもゴージャスだった | BUZZAP!(バザップ!)
今から半世紀前の飛行機の機内食、現代では考えられないほど豪華な食事がサーブされていました。詳細は以下から。 リンドバーグが大西洋を単独・無着陸で横断した1927年、そしてパンナム(パンアメリカン航空)が運行を開始した1929年。飛行機が世界を駆け巡る手段として民間人の前に開かれてからまだ100年も経っていません。

 

すげー(;・∀・)まあ今とは運賃も桁違いだったろうけど…

コメント