元特捜部長(80)「アクセルは踏んでない、レクサスのコンピュータの不具合」

スポンサーリンク

元特捜部長 初公判で無罪主張「アクセル踏んでない」 18年に男性はね死なせる

スポンサーリンク

東京都港区で2018年2月、乗用車で男性をはねて死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)などに問われた元東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘被告(80)が17日、東京地裁(三上潤裁判長)で開かれた初公判で「天地神明に誓ってアクセルを踏んでいない」と述べ、無罪を主張した。

スポンサーリンク

起訴状によると、石川被告は18年2月18日朝、時速100キロを超える速度で車を暴走させ、約320メートル先の歩道にいた堀内貴之さん(当時37歳)をはねて死亡させたとされる。

スポンサーリンク

検察側は冒頭陳述で、石川被告が17年11月に車を購入して以降、事故後の検査も含め、性能の異常は確認されていないと指摘。ドライブレコーダーの記録などから、降車しようとした際、誤って左足で強くアクセルを踏み込んだと述べた。

スポンサーリンク

一方、弁護側は、エンジンを制御するコンピューターの何らかの不具合で車が暴走したとし「過失が存在せず無罪は明らか」と主張した。18年6月に被害者側と示談が成立したという。

https://mainichi.jp/articles/20200217/k00/00m/040/225000c

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本中で事が起きてるけどアクセルを踏んでいないって言ってるの高齢者だけなんだよね…

まぁそういう事だ😩😩😩

コメント