sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

モスクワ 71人乗った国内線旅客機墜落

   

モスクワ 71人乗った国内線旅客機墜落

ロシアの非常事態省によりますと、11日午後、乗客乗員合わせて71人を乗せたロシアの航空会社、サラトフ航空の国内線旅客機がモスクワ郊外のドモジェドボ国際空港を離陸したあと墜落したということです。ロシアメディアは、現場で旅客機とみられる残がいが確認されたとして生存者はいないもようだと伝えています。

ロシアの非常事態省によりますと、11日午後2時すぎ、日本時間の午後8時すぎ、ロシアの航空会社、サラトフ航空のアントノフ148型機がモスクワ郊外にあるドモジェドボ国際空港からロシア南部の都市、オルスクに向けて離陸したあと墜落したということです。

旅客機には、乗客65人と乗員6人の合わせて71人が搭乗していたということです。

また、リアノーボスチ通信は、旅客機は離陸から2分後に墜落したと伝えるとともに、旅客機が空中で炎上して落ちてきたのを見たという目撃者の話も伝えています。

ロシアの国営テレビは、雪原のなかにこの旅客機とみられる黄色の機体の残骸の映像を放送していて、生存者はいないもようだと伝えています。

国営テレビに墜落現場とみられる映像

ロシアの国営テレビは、旅客機の墜落現場とみられるモスクワ郊外の村の映像を伝えています。映像では、雪原のなかにこの旅客機とみられる黄色の機体の一部が原形をとどめない状態で見つかった様子がわかります。映像を見る限り、炎や煙などは確認できません。

「急速に高度低下」情報も

旅客機が発信する情報をもとに飛行コースをインターネットで公開している「フライトレーダー24」によりますと、この旅客機は11日午後2時21分ごろ、日本時間の11日午後8時21分ごろにモスクワにあるドモジェドボ空港を離陸し、ロシアのウラル地方にあるオルスクの空港に向かいました。

「フライトレーダー24」に示された情報では、2時26分には高度1890メートルに達しましたが、そのおよそ1分後に990メートルまで急速に高度が下がったところでデータが途切れています。

機体は、ウクライナの航空機メーカーが製造したアントノフ148型機で、2011年には、同型機が試験飛行中に墜落し、乗っていた6人が死亡しています。

プーチン大統領 原因調査と捜索命じる

ロシア大統領府は声明を発表し、プーチン大統領は、今回の事故で、多くの犠牲者が出るとみられることから、乗客の家族らに対し、深い同情を寄せているということです。
そのうえで、プーチン大統領は、事故の原因を調査するため、特別委員会の設置を政府に命じるととともに、関係機関に対し、必要な捜索を行うよう命じたということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180211/k10011325191000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

>旅客機が空中で炎上して落ちてきた

(´ε`;)ウーン…テロなんかなぁ?

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット