【昔話】「桃太郎」が女の子「桃子」の紙芝居 話し合いで鬼と和解…小学生ら偏見や差別学ぶ

スポンサーリンク

「桃太郎」が女の子「桃子」の紙芝居 小学生ら偏見や差別学ぶ

スポンサーリンク

夏休みの子どもたちが絵本を通して、男女の性差による偏見をなくすことなどの大切さを考える催しが静岡県掛川市で開かれました。

これは静岡県内のNPOが12日、掛川市内の会場で開き、地元の小学生と保護者らあわせて15人が集まりました。

この中では静岡県の高校で校長として勤めていた奥山和弘さんが「桃太郎」を女の子にして描いた絵本、「モモタロー・ノー・リターン」が紙芝居で伝えられました。

スポンサーリンク

親子は桃太郎ならぬ「桃子」がたくさんの村人たちの協力を得て話し合いで鬼たちと和解するという物語に聞き入り、性差や身体的特徴などによる偏見や差別をなくすことの大切さを学んでいました。

小学5年生の男の子は「桃子がとても格好よかったです。みんなと仲よくしたいです」と話していました。

主催した「静岡県男女共同参画センター交流会議」の下位桂子代表理事は「誰もがいきいきと暮らせる社会の大切さに理解を深めていただければうれしいです」と話していました。

「桃太郎」が女の子「桃子」の紙芝居 小学生ら偏見や差別学ぶ | NHKニュース
【NHK】夏休みの子どもたちが絵本を通して、男女の性差による偏見をなくすことなどの大切さを考える催しが静岡県掛川市で開かれました。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

そういうことじゃないだろ…😨😨😨

コメント