sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

茂木健一郎、ガキ使の“黒塗りメーク”問題めぐり「笑いのセンスが無い」

   

茂木健一郎、ガキ使の“黒塗りメーク”問題めぐり「笑いのセンスが無い」

ダウンタウン・浜田雅功さんが黒塗りメークで出演した「ガキの使い!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(日本テレビ系)をめぐり、脳科学者の茂木健一郎さんが1月4日、Twitterで物申した。

茂木さんはハフポストに掲載された記事「「笑ってはいけない」浜田の黒塗りメイクが物議 黒人作家が語った不安」を引用しつつ、「日本の地上波テレビのこのような『笑い』の文脈が、とても残念だとぼくはずっと言い続けているのですが、『笑いのセンスがない』、黙ってろと片付けられます(笑)」とツイート。

さらに、「人権や自由を擁護し、高めるのが #コメディ の役割だし、コメディアンには、それが出来る。日本の地上波テレビにそれがないだけの話。 ああいう笑いを良しとする人たちには、笑いのセンスが無いと思う」「タレントや芸人の内輪受けに視聴者がつきあわされる、というのが、この数年の日本の地上波テレビのスタイルらしいよ。ほんとにどうかしているよね。そんなの、見なきゃいいのにね」と批判した。

茂木さんは2017年2月にも、米国のコメディアンと日本の芸人を比較して「日本のお笑い芸人たちは、上下関係や空気を読んだ笑いに終始し、権力者に批評の目を向けた笑いは皆無。後者が支配する地上波テレビはオワコン」とツイートして話題になっていた。これに「ワイドナショー」(フジテレビ系)で松本人志さんが、「全然おもろないやろ。脳科学的にセンスがない」などと茂木さんを酷評していた。

だが「人間としての松本人志さんに対してあれこれというのはないわけですから。個人じゃなくて、システム、文化なのです」とも茂木さんはツイートしている。

https://www.excite.co.jp/News/smadan/E1515152104020/

わいは米国のコメディアンのレベルが高いと思わないし、この人の言うセンスのいい笑いって一体世界のどこにあるのかと思ってしまう。そのくらい笑いって難しいんだよ、君にだって無理だろう?

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能