モバイルバッテリーの規制強化 発火事故多発で

モバイルバッテリーの規制強化 発火事故多発で

スマホ用充電池の規制を強化 発火事故多発で

経済産業省は1日、スマートフォンの充電に使われる「モバイルバッテリー」の規制を強化すると発表した。発火事故などが多発しているためで、電気用品安全法の基準を満たしていない製品は来年2月から輸入や販売ができなくなる。

スマートフォンは動画の視聴やゲームに使うと電池の容量が早くなくなるため、若い世代を中心に手軽に持ち運べるモバイルバッテリーが普及していた。ただ、製品評価技術基盤機構(NITE)によると、2016年度に事故が52件あり、年々増加していた。

モバイルバッテリーのほか、一部の電子たばこの器具も規制の対象になるという。

301 Moved Permanently

スマホ本体側でバッテリー交換可能になるのが一番いいんだけどね。昔の携帯電話みたく。

コメント