【悲報】宮迫博之「闇営業謹慎」に追い打ち!?妻から三行半話「夫婦の危機」

宮迫博之「闇営業謹慎」に追い打ち!?妻から三行半話「夫婦の危機」?

所属事務所を通さない“闇営業”で振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、事務所から無期限謹慎処分を受けた、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)。

7月13日には、所属事務所の関係者が、宮迫が100万円、一緒に参加したロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が50万円を受け取っていたことを明らかにしたという。

キー局関係者は話す。

「一緒に参加していた若手芸人は8月にも復帰になるようです。宮迫さんが“ここまで騒動が広がったのは自分たちの責任。(彼らを)できるだけ早く復帰させてもらえないか”と事務所に働きかけたようですね。一方で、宮迫さんの謹慎期間がいつまでになるかはメドすら経っていない。少なくとも今年中の復帰はまずないでしょうね」

雨上がり決死隊がメインMCを務める人気番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)は、7月2日にテレビ朝日の亀山慶二社長が定例記者会見で番組継続を発表。宮迫が戻ってくる場所は用意されていると言ってもいいのかもしれない。

そんな宮迫の近況を、お笑い関係者が話す。

「宮迫さんは本当に反省しているのは間違いなく、とことん落ち込んでいます。まあ、そうですよね。ですが、“オフホワイト不倫”に続き、今回の闇営業騒動で、どうやら奥さんが本格的に愛想を尽かしてしまったようでして……」

2017年8月『週刊文春』(文藝春秋)が宮迫の不倫疑惑を報じ、宮迫は『週刊文春』記者の「本当に真っ白ですか?」という質問に対し、「オフホワイトです」と答えたため、当時、“オフホワイト不倫”として話題となった。

6月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(55)が、「不倫の時に中途半端にごまかすことができたっていうのが、こいつにとって良くなかったのよ。今回も乗り越えられるという甘い認識が」と、この“オフホワイト”言い訳で不倫騒動を乗り越えられた経験があったため、今回の闇営業についても、認識の甘さが出たと指摘していた。

「奥さんが家を出た、なんて話が聞こえてきています。だから宮迫さんは1人、暗い部屋で落ち込んでいるようです。元来、繊細な性格の人ですからね。宮迫さんの18歳になる息子さんがお笑い芸人としてデビューしたと、6月27日発売の『女性セブン』(小学館)が報じていますが、息子さんの芸人活動の足を引っ張る事態になる可能性もあるため、奥さんとのことだけでなく、息子さんへの影響も考えてしまって、さらに落ち込んでいるとか。

ただ、宮迫さん夫妻はこれまでさまざまな危機を乗り越えてきた過去があります。奥さんが家を出たとしても、それは一時的なものになるのではと。今回、宮迫さんは真摯に反省し、やり直そうとしていますから、少し経てば夫婦関係もまた戻ると思うのですが」(前出のお笑い関係者)

仕事もプライベートも、今回の闇営業によって、宮迫が人生最大の試練を迎えているのは、間違いないようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1923889/

sakamobi
sakamobi

まあもともと不倫されてたわけだし、金の切れ目が…となるのは仕方ないんじゃね?😰😰😰

コメント