関学QB『宮川!もう一度勝負しよう!』

関学QB『宮川!もう一度勝負しよう!』

関学大QB奥野、宮川選手へ「戻ってきて勝負を!」

<関西学生アメリカンフットボール大会:関大16-27関学大>◇27日◇大阪・エキスポフラッシュフィールド

6日に行われた日大との定期戦で負傷した関学大のQB奥野耕世選手(2年)が、同戦以来となる実戦復帰を果たした。

3週間ぶりの試合出場を終えると「ケガの不安があったけど意識せずにプレーした。練習できなかった時に頭の整理をしたことを生かし、ディフェンスをみて、落ち着いてできた」と振り返った。

そして日大のDL宮川泰介選手(3年)に対しては「宮川選手はフットボールをする権利がないと言っているけど、それはまた違う。フットボールの選手として戻ってきて、グラウンドで正々堂々とルールの中で勝負できたらと思います」とコメントした。

奥野選手は0-7の第2クオーター(Q)残り1分12秒で試合に登場し、まずはホルダーとして味方のFG成功に貢献。3-7で迎えた第3Qには、21ヤードのパスを成功。チームの流れを変え、味方の逆転TDにつなげた。さらには10-10の同点で迎えた第4Q、38ヤードのTDパスを成功。ビッグプレーで勝ち越し、笑顔で右手を突き上げた。

試合復帰を果たした奥野選手は、6日の定期戦でパスを投じた後、無防備な状態で日大のDL宮川選手のタックルを受けて負傷退場。翌7日に右膝軟骨損傷と腰の打撲で全治3週間の診断を受けた。その後に左脚のしびれを訴え、14日にはMRI検査で「第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷」と追加の診断が出ていた。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

映画化決定!( ;∀;)

コメント