sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

三井物産の選考テストです「あなたは、どこでもドアの開発に成功しました。いくらで販売しますか?」

   

三井物産の選考テストです「あなたは、どこでもドアの開発に成功しました。いくらで販売しますか?」

三井物産のインターンESが話題。

三井物産ES設問
【Program B】
「あなたは「どこでもドア」の開発に成功しました。いくらで販売しますか。値付けの理由も含めて説明してください。」(800字)

Program Bでは昨年に引き続き、価値をつけさせる問題が出ました。今回もどこでもドアという今までにない画期的なサービスに対して、値決めすることが求められています。教科書的な値決めには下記の3パターンがあると言われています。

①製造原価ベースの値決め

②競争ベースの値決め

③価値ベースの値決め

最後に教科書的ではありませんが、④理念ベースでの値決めという考え方もあり、近年ではベンチャーやNPOなどでこのベースで値決めをするケースもあるように思います。

冒頭で紹介した通り、「値決めは経営」であり、ビジネスの根幹となる部分といえます。ぜひ自分なりの言葉で説明できる値決めをしていただければと思います。
https://unistyleinc.com/techniques/416

 - ニュース